« やっぱ「派遣切り」より「配当切り」だよね | Main | 別府大分マラソン »

January 28, 2009

知財高裁判決:TV番組海外転送は適法 テレビ局逆転敗訴

【銭場裕司】
毎日新聞 2009年1月27日 20時35分

~引用~
 録画した日本のテレビ番組をインターネットを使って海外で視聴させるサービスは著作権法違反だとして、NHKと民放キー局5社などが、サービスを運営する「日本デジタル家電」(浜松市)を相手取り、録画の中止や損害賠償などを求めた訴訟の控訴審判決が27日、知財高裁であった。田中信義裁判長は、録画の中止と約730万円の賠償を命じた1審・東京地裁判決を取り消し、テレビ局側敗訴の逆転判決を言い渡した。
(略)
 日本デジタル家電の代理人は「著作権法の趣旨に合致する全く正当な判決だ」、各局は「判決内容を精査して対応を検討する」とのコメントをそれぞれ出した。

~コメント~
 原告の一つはNHKだが、被告代理人の少なくともお一人(上記の発言者では?)が、元NHK勤務というのが面白い。中身は、要するに、「海外駐在の日本人に個別に指示を受けている場合は、いったんテレビ番組をコピーしてネットで転送するサービスでも、複製権侵害とせずに許してやってもいいじゃないか。」という感じかな? 相変わらず著作権絡みの紛争は多いけれど、このあたりは、裁判所の解釈ではなく、そろそろ法律を改正して明確に認める時期が来ているのだと思う。

~判決~
知財高裁平成21年1月27日判決

~日本デジタル家電社のコメント~
レンタルロクラクに関する知財高等裁判所・1月27日判断について

|

« やっぱ「派遣切り」より「配当切り」だよね | Main | 別府大分マラソン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/43886023

Listed below are links to weblogs that reference 知財高裁判決:TV番組海外転送は適法 テレビ局逆転敗訴:

« やっぱ「派遣切り」より「配当切り」だよね | Main | 別府大分マラソン »