« さまざまなサッカー | Main | 年末雑感 »

December 25, 2008

北朝鮮映画の無許可使用、日テレとフジが逆転敗訴 知財高裁

日経新聞 2008/12/24 23:01
~引用~
 田中裁判長は一審同様、日本が北朝鮮を国家として承認していないことから著作権法上の保護義務は否定。一方、「著作権法の保護対象でなくても著作物に経済的な利用価値があれば法的に保護され、無断使用は認められない」として民法の不法行為に基づく賠償請求を認めた。(24日 23:01)

<コメント>
 地裁・高裁とも、国と認めてない地域の著作物だから、著作権による保護を認めないという点では共通しているが、高裁は民法の不法行為を認めたもの。「著作権切れ」と同じように扱うという考え方もあると思うが(地裁の判断はこれ?)、著作権の国際条約加盟国の著作物だから、「準著作権」ぐらいの保護として、差止めは認めなくても不法行為による損害賠償を認めたということだろうか? まあ、不法行為があまり一人歩きすると、怖くてニュービジネスもできないという問題はあると思うが…
 まさか、「逆もまた真なり」という報復を考え、日本の著作物が北で全く保護されないのも困るから、配慮をしたということはないよね。
 今回は日経がアップが早かったようだし、見出しのバランスがよかったような気もする。

 民法709条
 故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。 

|

« さまざまなサッカー | Main | 年末雑感 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/43530022

Listed below are links to weblogs that reference 北朝鮮映画の無許可使用、日テレとフジが逆転敗訴 知財高裁:

« さまざまなサッカー | Main | 年末雑感 »