« まねきTV事件の報道に思う | Main | さまざまなサッカー »

December 21, 2008

東京 2-1 清水 テレビ観戦(12月20日)

 行きたくてたまらなかった仙台だったが、結局速報板と「ピコーン」等での「観戦」。赤嶺の2得点があまりに近接していたので、間違いかと思ったくらいだ。
 という訳で、昨晩はダイジェストで、今朝は録画を再生して通しで見た。悪くはないが、大量点を取れそうな感じはしない。来年への課題は残っているが、このまま走るしかないだろう。鈴木達也が石川の欠場を忘れさせるほど躍動し、近藤・藤山・平山の交代も役割の理解がうまくいったようだ。カボレは本調子ではないと思うが健闘し、でも、決定機を外した。赤嶺はフィニッシュの役割を果たした。審判がナーバスにカードを出したりPKを取ったりしていたので、それに合せることができたのが、後半からだったという感じがする。佐原も耐えた。選手がサンタ帽をかぶる画像がスポーツ新聞等でかなり取上げられているが、いい感じである。そう、中田率いるベルマーレを倒してベスト4になってから、11年もたつんだねえ。
 さて、次は石川が少なくともベンチには入るだろうし、カボレも何とかなるとは思うのだが、問題は茂庭が出場停止のディフェンスライン。今野をCBに入れるのか、藤山を入れて別途高さ対策を考えるのか、どんなことを考えるのだろうか? そして、がんばれ、エメルソン。
 久しぶりに見た「スーパーサッカー」の名波・森島特集は嬉しかった。JFLから活躍した森島のほうが好きだけれど、どちらも日本サッカーの象徴ともいえる選手だったと思う。この二人が来年はカズ・ゴンに置き換わってのかもしれないと妄想して、意味もなく寂しい気持ちになった。

|

« まねきTV事件の報道に思う | Main | さまざまなサッカー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/43481828

Listed below are links to weblogs that reference 東京 2-1 清水 テレビ観戦(12月20日):

« まねきTV事件の報道に思う | Main | さまざまなサッカー »