« 迷惑なコネタマ | Main | 同窓会 »

November 23, 2008

神戸 1-1 東京 内容からすると仕方ない

 久しぶりの神戸アウェイに行った。ここは体育館を思わせる造り。
 試合は神戸のプレスで中盤を制される展開に。徳永が出場停止となるイエローを献上し、徐々に持ち直してきたと思っていたが、カウンターから失点。その後もピンチがあったが何とかしのぎ、持ち直しつつ前半を終了。梶山依存があり、今野が消え気味。相手も梶山を囲みに来ている印象。
 後半も梶山が「2試合停止、リーグ戦終了」となるイエロー8枚目で、苦しい戦いに。石川を大竹というのはいいとして、城福監督は平山を鈴木達也という賭けに出た。更に羽生を赤嶺。平山を交代した段階で、エメルソンという選択肢が無くなったのだろう。羽生ではなく、今ひとつ元気のなかった今野・長友あたりを代えるというギャンブルは、元から考えてなかったのだと思う。何はともあれカボレが同点弾を突き刺し、勢いづいたと思いきや、両チームとも中盤がない攻め合いの様相を呈し、どちらかといえば塩田のスーパーセーブに救われて引き分け。
 試合後は少しぼーっとしていたが、フードコートで飲み食いしてから帰った。結構いい感じだった。ノリオのレプリカ(20SUZUKIと書いてある)を着ている神戸の女子を複数見かけたのには驚いた。
 あとの2試合を勝って勝ち点を58とすることを大前提に考えても、鹿島(勝ち点57。磐田・札幌と対戦)が1分け、又は名古屋(55。札幌・大分)が勝った時点で勝ち点が並び、得失点差を考慮すると抜ける可能性はほぼないので、優勝は考えても仕方がない状況となった。いっぽう、ACL圏内の3位以内ということでいえば、川崎(54。神戸・ヴェルディ)の1敗又は2分、浦和(53。ガンバ・マリノス)の1分け以上、及び大分(52。柏・名古屋)の1分け以上又は得失点勝負には可能性がある。いっぽう、次の新潟はアレッサンドロを欠くが、東京も梶山・徳永を欠くので予断を許さない。そして、千葉が次の清水戦に負けて、更にヴェルディ(マリノス)、磐田(鹿島)が双方引き分け以上だと、得失点差を考慮すれば自動降格はほぼ確定で、最終節は「消化試合」となるのだけれど、これもそう簡単には行かないだろう。梶山は「天皇杯専任」となってしまい、穴を埋めるのは簡単ではないが、ここ数年と違って、この時期に来ても「消化試合」ではないというのはいいことだ。しばらく楽しもうではないか!

|

« 迷惑なコネタマ | Main | 同窓会 »

Comments

コメント、ありがとうございます。確かに名古屋のメインスポンサーはそれなりに有名かもしれませんが、まあ、チームスポンサーは変わることもあるので、あまり気にしなくてもいいかもしれません。実は明日は業界団体の関係で愛知県に出張なのですよ。いろいろ食べ尽くそうと思います。東京にもありますが、愛知の「や○ちゃん」はやはり格別だそうで、そこにも…

Posted by: Mendoza | November 27, 2008 at 10:11 PM

こんにちは!お久し振りです。
JT協会(タバコ関係ではありませんsweat01)から届いた「実務研修会のご案内」の中でお名前を見つけました!
研修会に参加したいと思いつつ、東京に出掛けるには色んな根回しが必要でなかなか難しいです…残念です。
ところで、少し前に自分のブログでグランパスのことを書いたら、所長に怒られてしまいました。「グランパスのメインスポンサーを知らなかった」と書いたためです。「サッカー音痴というより、常識がない」と言われてしまいました。Mendozaさんもきっと厳しく叱責されることでしょう…??
寒くなってきましたが、お風邪など召されないようにご自愛下さいませ。 

Posted by: ひろた | November 26, 2008 at 05:54 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/43203633

Listed below are links to weblogs that reference 神戸 1-1 東京 内容からすると仕方ない:

« 迷惑なコネタマ | Main | 同窓会 »