« ハーフマラソンを走ってきた | Main | すごい格差 »

October 26, 2008

東京 3-2 鹿島 報い?

 試合直後、鹿島のオリヴェイラ監督が城福監督のところに寄ってきて爽やかに握手していて、ガラにもなく「スポーツっていいな」、監督の人柄は素晴らしいと思ったのである。
 鹿島といえば伊野波かもしれないが、ノリオや馬場と違ってすっかり忘れていた。伊野波(もう漢字変換もできなくなった)を思い出したら、絶対に負けたくなくなった。それとあの柏の事件での処分が出ないのは、アウェイ側とはいってもおかしなことだ。そんなチームには優勝させたくありませんよね。審判各氏! と思っているがもう一つ。あのチームには私が嫌悪してやまない「モトヤマ」がいるのだった。やたら倒れて痛そうな顔だけして、あとで平気な顔をするのが、ジーコ直伝だと思っているあの選手である。いま流行の「品格」ということでいうと、都築とモトヤマだけは代表に選んではいけない。だから鹿島や浦和に負けると、倍悔しいのである。東京の選手には関係ないけれどね。
 閑話休題。東京は立ち上がりから悪くなかったが、鹿島のセットプレーの恐怖感はあった。チャンスを石川やカボレが作るがものにできず、ときどき梶山やカボレのミスパスでピンチもあった。あと、村上主審は鹿島の選手が倒れたときに、闇雲に笛を吹く印象があった。しかし、あるときからそれがなくなった。平山とモトヤマがぶつかった後である。主審はこのときは笛を吹かず、モトヤマは倒れたまま、最終的にはチームメートにボールを出させたが、いつものように直後に何事もなかったようにピッチに戻った。でも、後半開始時に交代。まあ、いつも「狼が来た」と言っていて来ないと、本当に来たとき(怪我したとき)でも相手にされないのである。本件がどうなのかは分からないけどね。
 さて、後半ちょっと膠着かと思っている中で取ったコーナーキックを、カボレがニアでヘッドですらして得点。曽ヶ端が触ったのはネットの中。
 でも、先日と同様、3分後には失点した。守備陣も中途半端で塩田もそうだったような感じ。この試合、マルキーニョスとともにほぼ消えていた興梠に決められる。いやな感じ。
 そんな状況で石川を鈴木達也と交代して運動量を増やすと、前半からカボレとともに左サイドで内田をイジメ抜いていた長友が、左サイドを切り裂いたカボレのこぼれを押し込む。岩政の謎の抗議も虚しく、2-1に。
 その後、疲れの見える羽生と交代したのは、エメルソンでも浅利でもなく大竹。これが札幌戦に続いてまたも効いた。カボレの左サイドからのボールをつんのめりながら押込む。このまた直後に失点したのはいただけなかったけれど、このまま平山・赤嶺の強靭なキープを生かして勝利。
 中期的には「鹿島暗闘」は「斜陽磐田」とともに、プロビンチアってやつになっていくのだと思うが、観客が減って財政的にも苦しい中、監督力でいい選手を残していいチームを維持しているのだということがよく分かったのであった。彼らの厳しい環境下での頑張りは、東京の選手も見習わないといけないだろう。
 まあ、いろいろあるけれど、試合感覚も空くので、一つ一つ戦うだけだよね。天皇杯を除くとリーグ戦ホームはあと1試合だけなんだよね。

|

« ハーフマラソンを走ってきた | Main | すごい格差 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/42911782

Listed below are links to weblogs that reference 東京 3-2 鹿島 報い?:

« ハーフマラソンを走ってきた | Main | すごい格差 »