« 川崎 0-1 東京 何かの力(9月20日) | Main | なになに? »

September 24, 2008

東京 5-1 磐田 2点差試合(9月23日)

 エメルソンからのアウトサイドで蹴って止まるような技巧的なパスを受けたカボレが、見事に左足で決めた直後、「2点差になれば間違いなく勝てる」と思った。このゴールは後で見ると、川口が弾けないこともなかったように見えたが、どんなものだろう。
 そして、うまい具合に、石川が右サイドを切り裂いて出したボールに平山が中央でつぶれ、何故か前に残っていたキャプテン佐原が決めて2-0とする。
 ただ、ここで選手もサポーターも緩んでしまったかのようだった。石川のバックパスがミスとなり、最後は前田に決められる。塩田が味方のミスを取り返そうと気張って、前に出すぎたのではないかと思う。そのまま悪い流れで前半を終える。
 後半開始直後も磐田が攻勢を見せたが、ここを茂庭を中心に防ぎ、エメルソンに代えて大竹を投入すると、攻撃にリズムができてきた。カボレが左サイドからクロスを上げ、石川がからんでゴール。ヒールのスーパーゴールだと思ったがOwnGoalだったようだ。この時間で2点差となって、今度は勝利を確信した。OwnGoalだったからかどうか分からないが、次はカボレがまたも左を突破し、「石川、決めてくれ!」と言わんばかりのクロス。これで4-1。
 更に、石川と交代した鈴木達也が相手のパスミスをかっさらい、冷静に切り返してから左足で決める。カボレと交代した金沢も、前節の藤山と同様の役割で守備を締めた。ひょっとすると、試合直前にブルーノに代わってサブに入った小山のデビューかと思ったが、古巣相手ということもあり、梶山があと1枚で2試合出場停止となれば、ブルーノが使えない可能性も大だから、しばらく出ていなかった金沢を投入したのだと思う。
 そんな中、一人蚊帳の外だった(?)のが平山。最後は平山に決めさせようという流れだったが、ハンドでイエロー出場停止である。ユースケが別メニュー(?)、カボレがケガ気味の中での出場停止はチームにとって迷惑だが、赤嶺が練習復帰で、次出られるメドが立っているということなのだろうか?
 さて、昨年までと違うところは、選手が代わっても、一貫したチームのサッカーがあることだと思う。その中で、選手が得意技を発揮できているのが大きい。気がついたのは長友の「戻り」の早さ。クロスを上げた後、しばらくしてディフェンスラインを見ると、いつの間にか、何事もなかったかのように、4人の一員として戻っているのであった。それと、前の試合で足をつっていた浅利が90分フル稼働をしたのにも驚いた。茂庭は守備が全盛期近くに戻ってきている印象があり、ロングパスにチェレンジする余裕も。
 磐田も前半の終わりから後半の初めぐらいまでは、それなりの攻撃を見せ、その後中山を投入するが、特に何もできないうちに、チーム全体がしぼんでしまった。後で分かったが、千葉が名古屋を破ったため、自動降格圏内にまで落ちてしまったのである。中長期的には磐田や鹿島は低落傾向にあると思うが、オフトで踏ん張れるのだろうか?
 次は今野が復帰して古巣札幌と当たる。羽生も戻れるのかどうかは分からないが、ともかく勝ち点3を取って、上位に肉薄してもらいたいものだ。

|

« 川崎 0-1 東京 何かの力(9月20日) | Main | なになに? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/42581760

Listed below are links to weblogs that reference 東京 5-1 磐田 2点差試合(9月23日):

« 川崎 0-1 東京 何かの力(9月20日) | Main | なになに? »