« 幡ヶ谷スーパー戦争 | Main | リック・ライト死去 »

September 14, 2008

東京 3-1 大宮 ストレスの前半と歓喜の後半(9月13日)

 前半はストレス一杯だった。カボレがスペースをついて何度か決定機を迎えたものの、芝(相変わらずダメなスタジアムだ)と相手GKのスーパーセーブとバーに防がれ無得点。いっぽう、守備陣はオフサイド取り損ねでGKとの一対一が2回もあり、左サイドからのクロスに対してラフリッチをフリーにして、スタンディングのヘッドを決められてしまった。エメルソンはトラップミスするし、浅利は一対一に競り負けるし、審判は(今野もかもしれない)ラフリッチに翻弄されファウルを取りまくる一方で、赤嶺がペナルティエリアで倒されたシーンを見落すしという感じだった。攻撃も、パスの出し手と動き出しとが噛み合ってないような感じ。ここは「闘え、俺の東京」ぐらいではないかと思っていたが、なんとなくゴール裏も緊迫感なく終わってしまったような感。
 後半、石川がスタンバイしていたが、まさかのエメルソンとの交代。ただ、これが当たったようだ。チャンスが増えてくる。それでも相手GK江角が当たっていて、打てども打てども決まらない。そして、負傷した羽生を大竹に交代したしばらく後に得たCK、蹴ったのは石川だったが、ペナルティマークあたりでヘッドした赤嶺のシュートが決まる。後で見ると、大竹はオフサイドだったように思うが、まあ、ヴェルディ戦のと合わせて相殺というところだろうか? その後も押せ押せとなり、フリーキックを梶山が蹴ったボールにハンドがあって、今度は石川と大竹がボールの前に。ゴール裏の大竹コールに諭され、大竹が蹴ると、見事な弾道で右角に決まり逆転。やはり彼は欠かせない。
 その後はカボレに代えて鈴木達也を出して、ワントップ・トリプルボランチ気味にしたのに、中央を脅かされて結構ピンチを迎え、茂庭(訂正:徳永)がラフリッチにやられそうになるが、何とかしのぎ、逆に赤嶺が決定機を外す等、胃が痛くなるようなシーンもあったが、塩田、長友、石川からの速攻で最後は赤嶺が押し込んで3-1。これで勝負は決まった。
 サブのメンバーを見ていると、この3人と平山の中で誰かが出られないというのも贅沢なことだと思っていたが、結局平山の出番がなかったのである。
 うまい具合に引き分けが続出し6位に上がったが、名古屋がガンバに勝ったので首、位との差は変わらず、5位との差もまだまだある。そして、次が今後の最大の(?)難敵、川崎戦である。パスミスは減ってきたし、佐原も戻るが、次は羽生は出場停止だし(ケガは大丈夫だろうか?)、梶山も次にカードをもらえば2試合停止なので、辛いところ。金沢もいるけれどブルーノはまだなのだろうか?

|

« 幡ヶ谷スーパー戦争 | Main | リック・ライト死去 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/42473019

Listed below are links to weblogs that reference 東京 3-1 大宮 ストレスの前半と歓喜の後半(9月13日):

« 幡ヶ谷スーパー戦争 | Main | リック・ライト死去 »