« July 2008 | Main | September 2008 »

August 30, 2008

柏 0-1 東京 前半は水球だった(8月28日)

 会社を5時半に出て人形町から北千住まで日比谷線。柏駅に着いたのは6時半頃で、バスがストップしていたのでスタジアムまで歩きで、夕飯を買うことはできなかったが、キックオフには十分間に合った。ただ、ときおり強い雨が降っており、上下のレインウェアを着て観戦。アウェイ側、コーナーフラッグ近くのメインスタンドかなり前のほうだった。
 試合はボールがべちゃべちゃ止まる雨中戦で、プロとはいえ、選手は大変だと思った。このまま引き分けで終わってしまってもいいと思ったほどだ。東京にはピンチはほとんどなく、羽生やカボレがチャンスを作り、何本かコーナーキックがあったが、それが決まりそうな感じはしないという前半であった。
 雨になると、上手い奴はやっぱり上手いということが如実になる。カボレ・エメルソン・梶山あたりはやっぱり上手い。そして、今野が久しぶりに馬力を生かしたボール奪取を炸裂させていた。後半になると、ボールが回り始め、エメルソンが決定機をつかむが決まらない。柏もカウンターからチャンスをつかみ、長友の裏を狙って攻めつける。柏のカウンターは脅威だったが、東京の選手は攻撃から守備への切り替えが遅いときがあり、ハラハラするときもあった。そんな中、右サイドのエメルソンからのボールを赤嶺が受け、ミドルシュートを打つと、GKの頭越しに決まってしまった。後で見るとDFにかすってコースが変わったのであった。
 その後羽生を石川、カボレを平山、エメルソンを浅利と交代し、石川は前で攻撃の起点となり、平山はキープ、浅利は守備をまとめて、柏の攻撃を守りきって勝利。勝利を確信したのは、後半残り5分ぐらいで、「イシさん、フランサもう動けないよ。」と叫んだ柏のサポーターの声を聞いたときだった。もう3人交代してしまったからである。
 前半のピッチ状態だったら、勝っても蹴球ではなく水球に勝ったに過ぎないというところであるが、後半はボールもまわり、いいサッカーができたと思う。羽生によれば「芝とかピッチもよくなると思うので、より東京らしくやりたい。」とのことだが、芝とピッチはここではほぼ同じ意味だというツッコミは別としても、ホームスタジアムが最大の敵とならないように祈るだけである。最も練習させたい(「い」が抜けていた。9/6)今野と長友を代表に取られるが、怪我人の復帰もあることを願い、まともな芝であることを要求しながら次のホームゲームを待ちたい。
 そういえば李がいないと思っていたら、今期絶望だとかでご愁傷様である。そして山根が復帰したということは、栗澤の出番が少し減りそうだ。いっぽう鈴木達也をどう使うのか分からないが、なかなか面白そうな選手である。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 28, 2008

サムコ和解

SUMCOがサムコに和解金 商標権侵害で
Kyoto Shimbun 2008年8月25日(月)
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2008082500157&genre=D1&area=K00

SAMCO
http://www.samco.co.jp/news_events/2008/20080825sumco.html
http://www.samco.co.jp/news_events/2006/sumco-2.html

SUMCO
http://www.sumcosi.com/topics/topics/0826.pdf
http://www.sumcosi.com/topics/20060602.html

 「トップダウンの失敗」ではないかと思う。ちゃんと調べて他の名前を選択すればよかっただけのこと。業界も近いんだから… でも、原告も勝っているようで、この和解では「?」という感じではないのかな。和解金でなく、名前だけ変えろという選択肢はなかったのか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 26, 2008

移籍

 池上の草津、馬場の山形、栗澤の柏とレンタル移籍が続いている。いろいろなことを思い出すけれど、サッカーの選手としての人生は長くないのだから、ここで出場機会を求めることは悪いことではないと思う。みんな、もう一伸びして欲しい選手ばかりだし。そして、日立台でやられた鈴木達也の加入。背番号にも期待して楽しもう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 23, 2008

東京 1-2 ヴェルディ これ以上の屈辱はない

 浦和、ヴェルディにホームで連敗。これ以上の屈辱はない。あるものなら言ってみよ!という感じ。
 ところで、大竹をサブで入れられない事情があったんだっけ? エメルソンを浅利に代えて梶山を上げたようだが、あそこで大竹を入れられれば、少なくともセットプレーで得点の匂いが全く無いという現象はなかっただろう。思うに、雨の日こそ、テクニックに若干難のある浅利や藤山よりも、金沢や大竹、状況によっては森村あたりのほうがよさそうな感じがするのである。
 カボレのグレートなゴールで始まった試合で、ロスタイムに勝ち越されるというのは実に屈辱。平山投入の機会を逸し、交代枠を一つ余したのはもったいなかったけれど、後半の勝負所で、ゴールキックをタッチラインに出して皆を萎えさせた塩田や、交代で入ったわりに守備に奔走しなかった石川に代えるという手もあったのではないかと思う。あっ、塩田代えるのなら荻にね。次節に塩田に「刺激」を与えてもいいとまで、思うけどね。
 大竹がいないとすると、「守備的FW」の川口はやむを得ないとしても、普通ならまず出る可能性がない栗澤あたりをベンチに入れるよりは、オシムのように枠を余して刺激を与えるとか、塩田に刺激を与える(?)ためにも、3人目のGKを入れるとかしてしまうほうが、ましではないかと思うのである。栗澤には、セットプレーのキッカー(直接狙う必要はないけど)に特化して練習して貰うという手もあるかもしれん。こうなると、もはやもう、ヤケクソである。
 まあ、単純に考えれば、2点以上取るための施策を全て打つということで、でも、たまには5点ぐらい取られてもいいから、というと去年に戻ってしまうので、昨年までよりはもう少し頭を使う必要はあるのだろう。カボレをサイド気味に配したのは成功という感じだから、カボレ・平山・赤嶺の得意なパターンから逆算して、攻撃の組み立てをすることも必要だろう。
 あと梶山。上手いんだけど、その上手さは前だけで使うべき。上手くてもシュートに関係ないとあまり意味がないことも多いのである。そうそう、今野は一応復調気味? 羽生はいいね! エメルソンもいいのだから、前半もっとセーブしてもいいと思う。茂庭も大丈夫そう。そして、いないと気になるのが徳永なのである。
 さて、優勝争いということでいうと徳俵からもはみ出し気味だが、ホームで浦和とヴェルディに連敗した選手たちへの罰として、小平をしばらく全て非公開練習にして、甘やかす人たちを排して選手に緊張感を与えるとともに、セットプレー(守備も含む)の秘密練習を徹底したらどうかと、今酒飲みながら思っているのである。
 あ~あ、今週に続き、来週も仕事になりそうもない。
 そういえば、幻の2点目。ヴェルデイのディフェンダーが後ろに残ってうなだれていた。あれより前にいるとすると、ゴールライン上にいる必要がありそうである。あれがオフサイドというのは、おそらく副審が芝生の緑で見落としたという言い訳しかできそうもないと思うのだが、どうなんでしょうね。
 えーい。ついでにヤケクソなのだが、天皇杯は仙台・新潟・鹿島に勝つと準決勝だ。チャンス!? 個人的には初めての鳥取県にも行けるかも。まあ、そういう皮算用で毎年失敗してるが、今年こそは、早い段階で正月の国立を買うかな?

<追記(8/25)>
 オフサイドについては今野が相手GKより前にいて、このDFだけしか前にいなかったので、要するに「関与」の有無だったらしい。まあ録画を見返すこともないし、勝負が変わるわけでもなし、「次行ってみよう!」ということで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 17, 2008

東京 0-1 浦和 棚卸しが必要か?(8月16日)

 「100試合記念」のはずの徳永が欠場で、右長友、左今野。左金沢という手はなかったのか? 徳永が出られたら、今野が右だったのだろうか? この日、全く精彩のなかった今野の今後の処遇は? やっぱりアンカーとして定着してもらいたい。
 前半は攻め込みながらもカウンターを食らう。久しぶりの外国人審判だったが、オフサイドの判定がやや「甘め」というクセをつかみ切れなかったか? ただ、相手DF陣は苦し紛れのイエローをもらったり、顔面でシュートを受けたりで、へろへろだったから、ここを決められなかったのが響いた。「カボレが得点量産できるサッカー」というのはないのか?
 そして後半。浅利を梶山に交代したのは納得。ただ、味方もどのタイミングでボールが出てくるのか分かっていないような感じ。そしてカウンターからマークがずれて失点。カボレを川口(守備の人だよな)に交代するが攻撃は活性化せず。引いて守る浦和を崩せない。その前に代えた赤嶺にも見せ場なし。ミドルを打てないのか? クロスを入れるとき、ワンテンポ考えてしまうのはなぜなのか? 大竹・ユースケ・ブルーノがいれば問題は解決できるのか?
 結果からいえば、2点取れれば勝てるのだが、その日はいつ来るのだろうかね?
 スタメンでは昨年とフィールド5人が変わっており、あまり継続して比較しても意味がないのかもしれないが、ここ数年間の停滞感を打破するためには、ここから先の奮闘が重要なのだと思うのである。 
 
 
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 13, 2008

迷惑者

 先日の名古屋の往復で思ったことなんだが、新幹線の移動でキャスターつきのバッグを持っている人がことの他多く、しかもその多くが傍若無人の迷惑者なのである。いっそのこと、新幹線でキャスターつきバッグを持っていたら、荷物料を徴収したらどうかと思うのだが、どうだろう? グリーン料金並みでどう? 迷惑を省みている人たちには申し訳ないけれどね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 12, 2008

なでしこ見てたら思い出したのは…

 Jリーグ開幕直後の94,95年。会社の草サッカーチームは、私が場所取りをして、調布多摩川河川敷、京王多摩川の鉄橋よりすこし下流の、市が貸すスペースを「ホーム」としていた。我々は、終了間際の「川クリア」の時間稼ぎを得意としていたのだった。その横ではいつもシダックスの女子サッカー部が練習していて、平均年齢30を越えた我々の眼で見たら、十分可愛らしく、いつか練習試合をお願いしたいと思っていたのだった。北欧系の顔をしたゴールキーパーがいたから思い出したのかもしれない。なぜかマリノスのシャツを着ている子もいて、さすがに当時は東京ガスの影響力は皆無だった。でも、そのうちその女子チームはなくなり、我々のチームも高齢化と転勤により離散したため、練習試合など実現することはなかった。今となっては、あのとき20歳そこそこだった彼女たちは、おそらくほぼ全員が引退しているのだろう。ひょっとしたら、子供とともに味スタに東京の試合を見に来ている人もいるのかもしれない(ヴェルディの試合ではないよね)。最近行ってないけれど、あの河川敷で草サッカーを楽しむ人たちは相変わらず頑張っているのだろうか? そうそう、その少し下流にフットサルコートもあったんだよね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 10, 2008

「FC東京バナナ」きました

特許電子図書館、商標検索
の1(商標公報DB)で
文献種別「4」 文献番号「2008-56010」を入力。
7月10日、「31類 バナナ」に関する商標登録出願です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

名古屋 0-1 東京 大きく前進?(8月9日)

 平山のシュートのあと、東京側のゴール裏はシーンとなった。「サイドネット? オフサイド? ファウル? いや、サイドネットじゃないし、平山喜んでるぞ、ゴールだ。」という感じ。位置的によく見えないのであった。
 さて、8年ぶりの瑞穂、ぷらっとこだまで行こうと思っていたが売り切れで、のぞみを予約して品川から行ったのだが、早めに品川に着くのは最悪。ほとんど座るところ、暇をつぶすところがないからである。早めだが観光する時間もないので、名古屋からは意味無く中央線に乗り、大曽根というところまで景色(大したことなし)見てから地下鉄に乗った。
 名古屋で降りた瞬間は「暑い」というより「熱い」という感じで、競技場も炎天下だった。なぜか、いつも味スタのメインでビールを売っているお姉ちゃんがいて、試合前に一杯飲むことができた。試合前には審判陣がトレーニングしてるなと思ったら岡田主審。彼は入念にウオーミングアップしているのを何度か見ているが、その点に好感が持てる。それとも、遠めに分かりやすいだけ?
 東京は梶山・長友を欠き、今野を右サイドバック、羽生と浅利のボランチ、石川右という布陣であったが、前半は佐原がイエローをもらったものの、茂庭を中心とした守備陣は安定していて、ヨンセン・玉田にチャンスを作らせていなかった。平山のゴールの後ももう一点と思ったが、前半はそのまま終了した。平山は守備にも奮闘していた。
 不安を覚えたのは後半の選手交代である。前半一時ピッチの外に出て、肩のテーピングか何かをしていた茂庭を椋原に交代し、今野がCBに入った。後半はラインが下がった感じで、名古屋のサイド攻撃を受けまくっていた。中で跳ね返して、カウンターもしていたが、じり貧という感じ。徳永には余裕があったようだが、椋原はきつかったようだ。カボレを赤嶺、エメルソンを金沢に交代して運動量を増やしたり、中盤を厚くしたりしながら何とかしのいだ。浅利・羽生の奮闘が効いたと思う。
 名古屋は中村直志がボールを効果的に散らしていたが、攻撃陣がシュートを外しまくっており、それに救われた感じ。
 東京も終了間際の今野・赤嶺、カボレが抜け出しGKと一対一(詰めていた浅利に出せばJ1初得点だったのに)とか、ダイレクト中心で石川のラストパスとか、チャンスはたくさんあったが、追加点が奪えなかったことが問題。
 勝ち点3のためには、相手を0に押えて1点以上取るか、相手に1点以上取られたら、2点以上かつ相手より多く点を取ればいいのだが(意味の無い屁理屈)、後者を期待していたが前者となった。都合よく上位が負けと引き分け中心だったので、首位との勝ち点差はわずか5。8位とはいえ、一応優勝争いに参加しているような状態に戻ったことは大きい。となると次はともかく勝ちたい浦和戦だが、茂庭の状態、今野をどこで使うのかなど、課題は山積みである。
 帰りは9時頃にスタジアムを出て、金山乗換えで名古屋駅へ。予約していたのは終電だが、一本前の2152分に乗れた。自由席はがら空き。新宿に着くとほぼ2400だが、鹿島や浦和美薗よりは近いし快適である。
 最後に、後で見たストイコビッチ監督のコメントは、意外に「闘将的」ではなくて「スポーツマン的」なんだなあと感心。オシムの影響?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 07, 2008

日本休日党の公約 財源開発

 我が党は、ガソリン料金の値上げに賛成します。スタジアムの帰りに田舎の車道が渋滞しないからです。ただ、これだけでは大きな問題は解決しません。この国には財源も要ります。

 さて、今の日本、とっておきの財源として、暴走チャリの罰金強化があります。
 つまり、夜間歩道無灯走行(ライトつかないなら引いて歩けばいいだけの話)のチャリは、酔っ払い運転の車に近いぐらい危険極まりないので、一律1万円の罰金とする法改正をします。昼間でもケータイや傘を手にして歩道を走る者から取ってもいいでしょう。複合違反は倍々ゲームです。嫌なら車道を走ればいいだけの話、それで事故があった場合には、もちろん自動車の運転手は免責です。365日、47都道府県で毎日1,000人はこういう傍若無人の輩を捕まえられるでしょうから(自動車捕まえるよりは楽でしょう)、全員が1万円分の罰金としても、36億5千万円の収入増です。自動車と違って免停にならないので、一人の人間からじゃんじゃん集金できる可能性もありますしね。これで各県平均1億弱の収入増。まだ少ないですか? じゃ、罰金10倍にしたらどうでしょう? さすがに取立てが大変かな? それで雇用を増やしますかね?

 ということで、我が党に、清くなくてもいいから一票を!

 あと、電車で1.5人分ぐらいの場所を取る奴からは、グリーン料金を徴収して地方自治体へ。でも、これは誰が判断して取り立てるのか、具体策を前向きに検討します。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 06, 2008

大分 1-1(ttl.3-2) 東京 負けに等しい引き分けだったわけね

 パソコンの前で実況J'sGOALで、「心眼」で見ていた。疲れるだけだが他に手が無かったのである。これでナビスコ敗退ということで、結果論からいえば、2点取らなければ勝つ資格がないというだけのことであろう。茂庭がよくなっているが、今野が馴染んでいない。交代選手が、流れをいいほうに変えていない。と、受け売りで見たかのようなことを言うのは全くよくないことだが、Jより強いKの昨年の得点王や、元フル代表・オリンピック代表等がひしめくのだから、そろそろきっかけをつかんで上昇気流に乗らないといけないのである。大竹・ブルーノ・ユースケの負傷、梶山・長友の欠場は痛いが、普段の試合だって、勝つためには、まずは0点におさえるか、でなければ最低2点以上取ることが最低限必要だということなのだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 04, 2008

瑞穂

 今日、試合のチケットを買ってしまった。昨年は豊田に行ったけれど、瑞穂はよくよく考えたら8年ぶりだ。8年前というと、アマはもちろん、ツゥットや由紀彦もいたのだ。何と敵にはストイコビッチと呂比須と福田までいたのだ。そういえばあのときは18切符だった。
 名古屋は年に1,2回、出張で行くことがあるのだけれど、さてはて、どんなオプションをつけようか? 行きの新幹線が混んでいるというような話もあるようだが、まだどうしようか決めていないのである。まあ、旅は予定が決まるまでが一番楽しいのである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 03, 2008

引き分けに等しい勝ちの次は

 「2試合分に等しい勝ち」を希望。「負けに等しい勝ち」だけは勘弁。そういえば、99年には「勝ちに等しい負け」を経験しているのだ。その後はとりあえずは勝ち点3で、徐々に内容も着いてくるようにと贅沢な希望を…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 02, 2008

久しぶりに「本格的」不正競争事件か?

デザイン酷似であめ業者が提訴
新潟日報2008年7月29日
 よく似たパッケージの商品を販売され、損害を受けたとして、妙高市のあめ製造卸販売業「笹味屋」(松沢岳央代表)が、長野市の観光土産品卸販売会社「アラカワ」(荒川三平社長)と、同市の観光土産品企画・販売会社「リーベン」(柳沢浩史社長)に対し、不正競争防止法に基づき計220万円の損害賠償と販売差し止めを求める訴訟を、28日までに地裁高田支部に起こした。

 <コメント>
 最近は偽装表示マジコン、はたまた海外公務員賄賂と、傍流(というと怒られそうだが)事件での適用が目に付く不正競争防止法だが、久しぶりに「らしい」事例が出てきたような。ぜひ判決が見たい事件だが、和解かなあ?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 01, 2008

東京 1-0 オリンピア 引き分けに等しい勝ち(7月31日)

 ガンバ戦:互角以上の引き分け
 京都戦:勝ちに近い引き分け
 マリノス戦:負けに等しい引き分け
 とすると、この試合はオウンゴールの1点を守り切ったということで、プレシーズンマッチとはいえ、「引き分けに等しい勝ち」ということではないかと思う。茂庭が復調したといえるのかどうか、分からない点もあったが、今後はきっとやってくれると楽観しよう。何はともあれ無失点は大きい。ブルーノ以外に金沢・大竹もベンチ入りしなかったのが不安材料である。ボランチから前にはいろいろな選択肢が欲しい。
 あとは吉本と下田が出てくることを期待していたのだが…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2008 | Main | September 2008 »