« 瑞穂 | Main | 日本休日党の公約 財源開発 »

August 06, 2008

大分 1-1(ttl.3-2) 東京 負けに等しい引き分けだったわけね

 パソコンの前で実況J'sGOALで、「心眼」で見ていた。疲れるだけだが他に手が無かったのである。これでナビスコ敗退ということで、結果論からいえば、2点取らなければ勝つ資格がないというだけのことであろう。茂庭がよくなっているが、今野が馴染んでいない。交代選手が、流れをいいほうに変えていない。と、受け売りで見たかのようなことを言うのは全くよくないことだが、Jより強いKの昨年の得点王や、元フル代表・オリンピック代表等がひしめくのだから、そろそろきっかけをつかんで上昇気流に乗らないといけないのである。大竹・ブルーノ・ユースケの負傷、梶山・長友の欠場は痛いが、普段の試合だって、勝つためには、まずは0点におさえるか、でなければ最低2点以上取ることが最低限必要だということなのだ。

|

« 瑞穂 | Main | 日本休日党の公約 財源開発 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/42089409

Listed below are links to weblogs that reference 大分 1-1(ttl.3-2) 東京 負けに等しい引き分けだったわけね:

« 瑞穂 | Main | 日本休日党の公約 財源開発 »