« 迷惑者 | Main | 東京 1-2 ヴェルディ これ以上の屈辱はない »

August 17, 2008

東京 0-1 浦和 棚卸しが必要か?(8月16日)

 「100試合記念」のはずの徳永が欠場で、右長友、左今野。左金沢という手はなかったのか? 徳永が出られたら、今野が右だったのだろうか? この日、全く精彩のなかった今野の今後の処遇は? やっぱりアンカーとして定着してもらいたい。
 前半は攻め込みながらもカウンターを食らう。久しぶりの外国人審判だったが、オフサイドの判定がやや「甘め」というクセをつかみ切れなかったか? ただ、相手DF陣は苦し紛れのイエローをもらったり、顔面でシュートを受けたりで、へろへろだったから、ここを決められなかったのが響いた。「カボレが得点量産できるサッカー」というのはないのか?
 そして後半。浅利を梶山に交代したのは納得。ただ、味方もどのタイミングでボールが出てくるのか分かっていないような感じ。そしてカウンターからマークがずれて失点。カボレを川口(守備の人だよな)に交代するが攻撃は活性化せず。引いて守る浦和を崩せない。その前に代えた赤嶺にも見せ場なし。ミドルを打てないのか? クロスを入れるとき、ワンテンポ考えてしまうのはなぜなのか? 大竹・ユースケ・ブルーノがいれば問題は解決できるのか?
 結果からいえば、2点取れれば勝てるのだが、その日はいつ来るのだろうかね?
 スタメンでは昨年とフィールド5人が変わっており、あまり継続して比較しても意味がないのかもしれないが、ここ数年間の停滞感を打破するためには、ここから先の奮闘が重要なのだと思うのである。 
 
 
 

|

« 迷惑者 | Main | 東京 1-2 ヴェルディ これ以上の屈辱はない »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/42189771

Listed below are links to weblogs that reference 東京 0-1 浦和 棚卸しが必要か?(8月16日):

« 迷惑者 | Main | 東京 1-2 ヴェルディ これ以上の屈辱はない »