« June 2008 | Main | August 2008 »

July 27, 2008

また、味スタ問題

 芝がめくれていて、エメルソン得点シーンでも、松田が足を滑らせていたように見えた。これがアドバンテージとなるときもあるのかもしれないけれど、怪我の原因にもなるので絶対によくない。
 そこで、遠まわしな解決策を考えた。我々が「ダメの素スタジアム」、略称「ダメスタ」とか言っちまえば、スポンサー様がお怒りになり、動かぬスタジアム経営者を動かすのではないだろうか? 荒唐無稽を笑っていただいて結構。しかし、土の質に致命的な欠点があるのではないかと思うのである。さらに開始前にホーム側のビジョンの画像が途切れたのだって、罰金ものである。料金値切るべきだ。
 そして、フードコートで買ってもいいが、無競争にあぐらをかいている売店では食べ物は買わないことだ(ただし、ビールを除く)。
 あそこを変えていくためには、どうしたらいいんだろうね? 満員にすることも一つの手段ではあるのだけれどね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

東京 1-1 横浜M 実りなき引き分け(7月26日)

 「連敗ストッパー」の悪い予感の中、右サイドからチャンスを作られ、小宮山のクロスを跳ね返すも、こぼれを拾われ、大島に決められて失点。比較的すぐ後に、カボレからのパスを受けたエメルソンが落ち着いて決めたが、その後もチャンスよりピンチが多い。
 外国人を欠くマリノスだが、セットプレーなら山瀬・中澤だけでも脅威だし、坂田の動きによって東京のDFラインが下がり気味になっていたと思う。東京は相変わらずカボレが活きず、唯一赤嶺が果敢に挑んで豪快にシュートを打っていたが、枠を捕らえ切れない中、前半を終えた。
 後半、ほぼ一方的に攻められる中、何とか耐えてカボレ・エメルソンを平山・石川に交代。コンビで交代という意図は分からないでもないが、梶山不在の状況で、人を使える選手がいなくなってしまった。しいていえば金沢なのだろうけれど、エメルソンは引っ張るべきではなかったか? 更にその金沢(フリーキックは結構よかった)を大竹に交代して攻勢に出たけれど、結局攻撃の形を作れずに終了。ちなみに石川のフリーキック(直接)は禁止にしてほしい。そして、今野は山瀬の脅威ということもあってか、3バックの一員のようになってしまった。藤山のところで跳ね返すことが多かったが、彼の攻撃参加には意外性もあって、マークも緩いから、ラストパス・シュートの一発狙いも「あり」だと思うのである。茂庭が完全復帰すれば、最終ラインの問題はかなり解決できそうだけれど、まだまだなのだろうか? 攻撃は羽生以外にパスアンドゴーが少ないことが問題。そして、カボレはしっかりマークされていることもあってか活きていないが、パートナーがカボレを囮にできていないということなのだろうか? カボレが活きれば点が取れることは明らかだが、これはほとんど循環論法かもしれない。どうやって立て直したらいいのか、よく分からないところもある。
 救いは他の試合でも引き分けが多かったこと、今日の試合もそうなることだけを祈ろう。
 大分は難しいけれど、瑞穂には行きたいと思っているところ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 21, 2008

京都 1-1 東京 勝ち点1の救い

 九死に一生とはまさにこのことだ。
 テレビで見た限りだが、ガンバ戦よりも内容が悪かった。特にカボレの不調が深刻で平山も今ひとつ。チーム内のコミュニケーションが悪い感じがする。ゴールの近くでこねすぎるケースが多い。何はともあれ次は絶不調のマリノスから勝ち点3をいただいて、調子を回復して欲しいところ。オリンピックでしばらく梶山・長友を欠くのは痛いが、大竹、エメルソンはもちろん、金沢とブルーノの復帰に期待したいところだ。他力本願ではあるけれど、ダンゴ状態から振り落とされないようにしたいところ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日本休日党の設立について

 このたび、日本休日党を設立し、私が党首に就任しました。
 当面は、参議院比例区から国会議員を出すことを目指して活動していきます。
 党の公約としては、3年以内に日本のあらゆる人に平均的イタリア人の半分程度、20日の連続休暇が得られることとし、そのためのインフラ作りに取組んでいきます。公約を達成できれば、国内の観光・交通産業等はもちろん、雇用の活性化がすすみ、日本が豊かな国になることは間違いがありません。

 なお、以上は全て妄想です。自分自身の閉塞感や焦りもあり、口から出任せを書きました。
 京都行きは休んだけれど、楽しいアウェイにも行きたいなあ…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 20, 2008

久しぶりに商標の話など

 そういえばこんな審決(不服2007-011767)があったなあと、ここを見ていて思い出した。
 商品「ユニフォーム,シューズ」等について、「ザケイロ/ZAGUEIRO」はセンターバックを意味するポルトガル語だから商標登録しないという査定が取消され、商標登録すべきものとされた事例である。
 判断基準としては、この商標を、その商品の平均的な取引者・需要者が見たときに「ブランド」として認識するか、品質・用途として認識するかで分かれる。ポルトガル語とはサッカー大国である「ブラジル語」であるから、サッカー用語についてみだりに登録を認めるべきではないが、日本ではこれがセンターバック用の服や靴を意味するものとして、スポーツショップやサッカーファン一般に理解されるというよりは、サッカー用具の「ブランド」として認めてやってもいいだろうと思うのである。でも、最初に登録を拒絶した審査官はシブすぎ。登録を拒絶したくなる気持ちはよく分かる。「私はサッカーのことは詳しいよ! そんなことは知っている!」と言いたくなるだろうから、分かっていても登録査定は出せないのだろう。審決でも、センターバックのことは「ザケイロ セントラル」というから、「ザケイロ」は登録してもいいのだとか、結論は正しいけれど、言わなくてもいい専門用語を出してきていて、微笑ましい。
 さて、仮にセンターバック専用の靴や用具があれば、某チームの2番や29番、時には3番や6番、8番にプレゼントして、能力をアップさせてあげたいものである。明日の京都戦では柳沢や田原・フェルナンジーニョといった強力なメンツを相手に、どんな組み合わせで臨むのだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 16, 2008

東京 1-1 ガンバ大阪 まあ、こんなところかな?

 19:30キックオフというのは「あり」なのだろう。結構人が入っていた。
 前半、入り方は悪くないと思っていたが、相手左サイドのクロスから、何となくルーカスに決められた。見ていてネガティブになる。でも、左サイドを駆け上がった徳永が、右足で狙いすまして(DFにかすった?)同点ゴールを決め、持ち直す。後半はピンチのほうが多かったような気もしたが、引き分けで終了。
 まあ、最低限の結果は出したけれど、不満な点も。
 ピンチはほとんど、カボレ・平山・エメルソンが奪われたところから起きた。取られ方が悪いと守備陣に負担がかかり、フリーキック、ときにイエローの原因となる。そして、カボレの不調は深刻。どうなってしまったんだろうか? あとは塩田のキックが二度タッチラインを割ったのには、正直萎えた。DFの体力を奪うミスの中でも、二度連続というのは絶対にやってはいけないと思う。あとは、羽生の無駄かもしれない走りには、たまにはボールを出すとか、出すふりすれば、もっと全体が活性化すると思うのである。それと交代枠。金沢を浅利に代えてもよかったと思うし、攻撃を考えると、やはり川口ではなく、大竹をサブに入れるべきではなかったと思う。まあ、カウンターは怖かったけど… あとは、椋原か藤山の代わりに吉本を入れて、場合によっては今野を前に配することができるような想定も必要だったのではないだろうか? そうそう、2番は何処へ?
 最後に、今節で順位は落ちるだろうけれど、ダンゴ状態だからあまり気にしないでよく、一方で内容を厳しく問うべき時期ではないかと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 14, 2008

さて

 霧の中、浦和の首位陥落に貢献してしまい、しかも相手より1日少ない休みでガンバ大阪戦があるというのは、またまた試練である。ただ、まだダンゴ状態なのだから、少しずつチーム力を上げていけばいい。このまま鹿島やガンバが走るとは到底思えないし、ポンテを欠く浦和は、彼の復帰後も含め、厳しい目に合うだろう。
 ところで、よくよく考えると(ほとんど考えなくても)、今年東京を出た若手は、特にJ1のチームに移籍をした選手はほとんど活躍していない。千葉・鹿島・神戸のあの人たちのことである。もともと優れた個人能力を持ちながら、数年間、サッカーを学ぶこと少なく過ごしてしまったツケが出ているといわざるを得ないのである。よくよく考えてみると、このチームに残っている若手にも同様な問題点がある訳で、現在その点については、「突貫工事中」なのである。だから、東京がチームらしくなるのは秋ぐらいまでかかるのかもしれない。でも、最近の平山を見ていると実感するのだが、チームの一員らしくなってきた。多少ぎこちないけれど、チームのために何をすればいいのか、必死で考えながら動いている様は、昨年までとは顔つきからして全く違う。贔屓目だが、オリンピック代表でなく、フル代表を目標にしてもらいたいものである。
 もっとも、オリンピック代表については、オーバーエイジも含め、誰が出ても、誰が監督でも、今の日本の実力ではリーグ突破は苦しいと思うのだが、ここ1,2年のチーム作りの失敗の影響で、更に状況が悪化してしまったようだ。特定の選手が、「戦犯」として取上げられないように祈るのみである。正直、この点については東京の選手だけということではなく、チームを問わない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 13, 2008

本日はテレビ観戦だ

 鹿島に行こうかとも思ったけれど、試合以外に楽しみもないので、京都か大分(有給2日は苦しいかな?)を優先させようということもあり、私的な環境との関係もあって欠場。
 ここはぜひ勝っておきたいところだ。引き分け以下なら「浦和陥落」という見出しはちょっと面白いけれど、こっちは次がガンバだし、尻に火がついてくるので、つまらないことを言っている余裕はない。ともかく、質も量(勝ち点)も少しずつ前進しなければ…
 中盤は今野・梶山・エメルソン・羽生というJ1屈指の豪華布陣で、前には平山とカボレ。更に石川・大竹・赤嶺という一芸のある豪華な控え陣。そこにサイドバックがからんでくれば面白い。長友投入もあるのかも。でも、4人は交代できないので、そこに悩みがある展開となるかもしれない。鹿島はカボレさえ押えればと思っているようだが、それだけではダメだろう。もっとも、カボレが機能しないと今後に暗雲が漂う。いっぽう守備陣には不安があり、耐えろとしか言いようがないけれどね。セットプレー、パワープレー、カウンターというのが失点の可能性だろうが、今野・梶山・(平山?)の判断力が重要なんだろうか? 徳永・椋原とも「CB兼任」ともいえなくないのが、頼みの綱?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 09, 2008

ケータイ修理

 ケータイが壊れた。何と、「人の声は聞こえるが、こっちがいくら喋っても通じない」状態。うまい具合に無償修理期間で、「代車」ならぬ「代ケータイ」も手にしたが、機械に弱い私は新機種のため悪戦苦闘。しかも、タダ同然で買ったケータイの「代車」を仮に落として壊してしまうと、3万ぐらいかかるそうだ。世の中難しいですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 07, 2008

近況

 どうもここんところ、「勝てずに悪態」というパターンが続いている。そういう性格なのだから仕方ないし、勝てばこんなにはならないはずだ。東京には今年を占う分岐点が来ているようだが、ここ数年の「負の遺産」を考えると、まだまだ右肩上がりにならないといけないし、その余地は十分にある。それにしても、2000年頃の世界からタイムマシーンでやってきて、このメンバーを見たら、卒倒するかもしれないね。藤山や浅利が未だにバリバリで、当時(もう少し後?)国見高だった徳永や平山がこのチームにいるのだから。
 でも、この流れでカボレや石川の突破を活かし、できればCBを補強して(育てばいいんだけどね)、エメルソン・梶山が急所をえぐるようなパスを連発して、赤嶺・平山がごっつあんゴールを決めまくるように、早くなって欲しいものである。
 さて、ちょっと前に「11人」に呼ばれ、土のグランドで蹴った。普段ジョギングをやっているから大丈夫だと思っていたけれど、2日後にひどい筋肉痛。そして、軽い捻挫で10日間違和感。確実に老化していることも実感。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 05, 2008

浦和 2-0 東京 仙台よりも遠い!

 浦和美薗は、仙台よりも遠く感じる。赤羽あたりからでいえば、東北線と同様の田園風景のはずなのに、地下だからだ。高額鉄道とはよくいったもので料金も高い。そのくせビュッフェはおろか、車両にトイレもないのである。しかも駅からは、蜃気楼の如くスタジアムが見えるのだが、歩いても歩いてもたどりつかないのである。
 まあ、そんなことはどうでもいいのだが、キックオフから数分後、ゴールライン際の田中達也のパスをエジミウソンに決められてしまった。佐原が半歩遅れた感じだったが、ボランチが着くべきだったかもしれない。その後もオフサイドでノーゴールになったやつとか、トゥーリオのマークが外れたやつとか、危険なシーンがあった。でも、カボレがペナルティエリアで倒されたのはPKでしょう! 千葉戦と審判が逆だったら、千葉戦は、あれは退場どころかファウルにもならずに11対11だから楽勝。勢いで大分にも勝って、今日も相手が10人で勝利ということだったと妄想するのである。まあ、そんなことを言っても仕方がないし、優勝争いの前に、しばらく試練が続き、どこかで乗り越えないと優勝争いはできないのだと考えている。
 いずれにしろカボレは不調だった。チームでじっくり話し合ってもらいたい。そして、羽生を石川に代えたのは仕方ないが、もう一人代えるとすると、金沢又は梶山を赤嶺ということだったのだろうけれど、そうでもないような気もした。川口をもっと早く出して、相手のDFをへろへろにしてから、もう一度赤嶺に交代するという手もあったのかもしれない。そういえば、藤山は非常手段のようなタックルがことごとく決まっていて、ドリブルで持ち上がる姿もよかった。できればシュートやラストパスのイメージを持って欲しかったけれど、さすがに欲張りだろうか? でも実は比較的走る距離の短いCBの、たまの攻撃参加というのは「大いにあり」だと思うのである。今後も藤山にはそういう機会があると思うので、ワンツーもらってシュートを打つイメージを持ってもらいたいのである。
 まあ、いずれにしろこの負けは、「覆水盆に返らず」だが、これも昨年の監督を最後まで引っ張ったツケだと、「前向き」に考え、チームとしての向上を待つしかないのであろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 03, 2008

東京 1-2 大分 またまた試練(7月2日)

 今野退場出場停止、「80分間10人サッカー」のことも考え、東京はスタメンを大きく入れ替えた。前の試合も90分出たのは塩田・梶山・徳永の3人。できれば3-0ぐらいで梶山と徳永を休ませたいが、さすがにそれは難しいだろう。攻撃にシフトする場合は、カボレ・エメルソン・羽生を石川・栗澤・平山か赤嶺と交代というのが戦前予想だった。
 前半、何だかどさくさ紛れのループみたいのを決められ、いきなりの試練となったが、終了間際に、石川が平山のスルーパスを決めたのは大きかった。ただ、気になっていたのは、藤山が前半中ごろからアップに行っていた点だ。軽く足を痛めたように見えた椋原と交代かと思ったら、何となく存在感のない茂庭との交代だった。怪我なのだろうけれど、これが大きな誤算だったのだろう。これも試練。
 攻撃に転ずるところでまずは石川に代えてエメルソン。もう一人はやはり羽生ではなくカボレなのだろうけれど、栗澤と代えるのは中盤にリスクがあるので平山。ということで、今一つ試合に溶け込んでいなかった栗澤を引っ張ることとなった。カボレはいきなりイエローをもらい、試合に入れない。もう一枚危ないのもあり、ひやひやした。城福監督は、審判に時間を止めるときは止めるようにアピール。梶山は少し上がりすぎのような感じがした。そんな中、残り5分というところでエジミンソンが上がったとき、マークがずれてしまったようだ。
 次の試合は2点以上とって勝たなければならないが、たぶん1点取ったら相手は引いて守ってくるだろう。そこに試練が与えられる。セットプレーがカギなのかもしれない。8月6,7と休みを取って大分に行きたいところだが…
 さて、次の試合で今野が復帰するが、埼玉での浦和戦。おそらく茂庭という選択肢がないだろうから、CBは佐原・藤山で行くのだろう。徳永・梶山等の疲労もピークだとは思うが、相手はじゅうぶん休んでいるとはいえ調子はよくないようなので、何とか勝ち点3をもぎ取りたいものである。これも乗り越えるべき試練で、これから上位との対決、梶山離脱と試練が続くのである。ユースケ以外に、ブルーノの怪我という試練もあるのだろうか?
 さて、トーチューによれば、カボレに対して監督が怒っていたようだが、一度じっくり話し合ってもらいたいもの。カボレにはどんな不満があるのか? フルで出たいのだろうか? 能力から考えると、そろそろ固め取りしてもらいたいところだが、今年のブラジル人については、エメルソンも含め、インタビューが少なく、生の声が聞こえてこないのが気がかり。ちなみに、私は城福監督と同学年だが、リーダーシップのない中年である。彼には勇気づけられているが、自分と重ねて考えると、まだまだ若輩だと思ってしまう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2008 | Main | August 2008 »