« 東京 1-2 大分 またまた試練(7月2日) | Main | 近況 »

July 05, 2008

浦和 2-0 東京 仙台よりも遠い!

 浦和美薗は、仙台よりも遠く感じる。赤羽あたりからでいえば、東北線と同様の田園風景のはずなのに、地下だからだ。高額鉄道とはよくいったもので料金も高い。そのくせビュッフェはおろか、車両にトイレもないのである。しかも駅からは、蜃気楼の如くスタジアムが見えるのだが、歩いても歩いてもたどりつかないのである。
 まあ、そんなことはどうでもいいのだが、キックオフから数分後、ゴールライン際の田中達也のパスをエジミウソンに決められてしまった。佐原が半歩遅れた感じだったが、ボランチが着くべきだったかもしれない。その後もオフサイドでノーゴールになったやつとか、トゥーリオのマークが外れたやつとか、危険なシーンがあった。でも、カボレがペナルティエリアで倒されたのはPKでしょう! 千葉戦と審判が逆だったら、千葉戦は、あれは退場どころかファウルにもならずに11対11だから楽勝。勢いで大分にも勝って、今日も相手が10人で勝利ということだったと妄想するのである。まあ、そんなことを言っても仕方がないし、優勝争いの前に、しばらく試練が続き、どこかで乗り越えないと優勝争いはできないのだと考えている。
 いずれにしろカボレは不調だった。チームでじっくり話し合ってもらいたい。そして、羽生を石川に代えたのは仕方ないが、もう一人代えるとすると、金沢又は梶山を赤嶺ということだったのだろうけれど、そうでもないような気もした。川口をもっと早く出して、相手のDFをへろへろにしてから、もう一度赤嶺に交代するという手もあったのかもしれない。そういえば、藤山は非常手段のようなタックルがことごとく決まっていて、ドリブルで持ち上がる姿もよかった。できればシュートやラストパスのイメージを持って欲しかったけれど、さすがに欲張りだろうか? でも実は比較的走る距離の短いCBの、たまの攻撃参加というのは「大いにあり」だと思うのである。今後も藤山にはそういう機会があると思うので、ワンツーもらってシュートを打つイメージを持ってもらいたいのである。
 まあ、いずれにしろこの負けは、「覆水盆に返らず」だが、これも昨年の監督を最後まで引っ張ったツケだと、「前向き」に考え、チームとしての向上を待つしかないのであろう。

|

« 東京 1-2 大分 またまた試練(7月2日) | Main | 近況 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/41746938

Listed below are links to weblogs that reference 浦和 2-0 東京 仙台よりも遠い!:

« 東京 1-2 大分 またまた試練(7月2日) | Main | 近況 »