« 東京 1-1 千葉 数々の試練、味スタ満員で、旧甲州車両通行止めを! | Main | 浦和 2-0 東京 仙台よりも遠い! »

July 03, 2008

東京 1-2 大分 またまた試練(7月2日)

 今野退場出場停止、「80分間10人サッカー」のことも考え、東京はスタメンを大きく入れ替えた。前の試合も90分出たのは塩田・梶山・徳永の3人。できれば3-0ぐらいで梶山と徳永を休ませたいが、さすがにそれは難しいだろう。攻撃にシフトする場合は、カボレ・エメルソン・羽生を石川・栗澤・平山か赤嶺と交代というのが戦前予想だった。
 前半、何だかどさくさ紛れのループみたいのを決められ、いきなりの試練となったが、終了間際に、石川が平山のスルーパスを決めたのは大きかった。ただ、気になっていたのは、藤山が前半中ごろからアップに行っていた点だ。軽く足を痛めたように見えた椋原と交代かと思ったら、何となく存在感のない茂庭との交代だった。怪我なのだろうけれど、これが大きな誤算だったのだろう。これも試練。
 攻撃に転ずるところでまずは石川に代えてエメルソン。もう一人はやはり羽生ではなくカボレなのだろうけれど、栗澤と代えるのは中盤にリスクがあるので平山。ということで、今一つ試合に溶け込んでいなかった栗澤を引っ張ることとなった。カボレはいきなりイエローをもらい、試合に入れない。もう一枚危ないのもあり、ひやひやした。城福監督は、審判に時間を止めるときは止めるようにアピール。梶山は少し上がりすぎのような感じがした。そんな中、残り5分というところでエジミンソンが上がったとき、マークがずれてしまったようだ。
 次の試合は2点以上とって勝たなければならないが、たぶん1点取ったら相手は引いて守ってくるだろう。そこに試練が与えられる。セットプレーがカギなのかもしれない。8月6,7と休みを取って大分に行きたいところだが…
 さて、次の試合で今野が復帰するが、埼玉での浦和戦。おそらく茂庭という選択肢がないだろうから、CBは佐原・藤山で行くのだろう。徳永・梶山等の疲労もピークだとは思うが、相手はじゅうぶん休んでいるとはいえ調子はよくないようなので、何とか勝ち点3をもぎ取りたいものである。これも乗り越えるべき試練で、これから上位との対決、梶山離脱と試練が続くのである。ユースケ以外に、ブルーノの怪我という試練もあるのだろうか?
 さて、トーチューによれば、カボレに対して監督が怒っていたようだが、一度じっくり話し合ってもらいたいもの。カボレにはどんな不満があるのか? フルで出たいのだろうか? 能力から考えると、そろそろ固め取りしてもらいたいところだが、今年のブラジル人については、エメルソンも含め、インタビューが少なく、生の声が聞こえてこないのが気がかり。ちなみに、私は城福監督と同学年だが、リーダーシップのない中年である。彼には勇気づけられているが、自分と重ねて考えると、まだまだ若輩だと思ってしまう。

|

« 東京 1-1 千葉 数々の試練、味スタ満員で、旧甲州車両通行止めを! | Main | 浦和 2-0 東京 仙台よりも遠い! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/41726331

Listed below are links to weblogs that reference 東京 1-2 大分 またまた試練(7月2日):

« 東京 1-1 千葉 数々の試練、味スタ満員で、旧甲州車両通行止めを! | Main | 浦和 2-0 東京 仙台よりも遠い! »