« 京都 1-1 東京 勝ち点1の救い | Main | また、味スタ問題 »

July 27, 2008

東京 1-1 横浜M 実りなき引き分け(7月26日)

 「連敗ストッパー」の悪い予感の中、右サイドからチャンスを作られ、小宮山のクロスを跳ね返すも、こぼれを拾われ、大島に決められて失点。比較的すぐ後に、カボレからのパスを受けたエメルソンが落ち着いて決めたが、その後もチャンスよりピンチが多い。
 外国人を欠くマリノスだが、セットプレーなら山瀬・中澤だけでも脅威だし、坂田の動きによって東京のDFラインが下がり気味になっていたと思う。東京は相変わらずカボレが活きず、唯一赤嶺が果敢に挑んで豪快にシュートを打っていたが、枠を捕らえ切れない中、前半を終えた。
 後半、ほぼ一方的に攻められる中、何とか耐えてカボレ・エメルソンを平山・石川に交代。コンビで交代という意図は分からないでもないが、梶山不在の状況で、人を使える選手がいなくなってしまった。しいていえば金沢なのだろうけれど、エメルソンは引っ張るべきではなかったか? 更にその金沢(フリーキックは結構よかった)を大竹に交代して攻勢に出たけれど、結局攻撃の形を作れずに終了。ちなみに石川のフリーキック(直接)は禁止にしてほしい。そして、今野は山瀬の脅威ということもあってか、3バックの一員のようになってしまった。藤山のところで跳ね返すことが多かったが、彼の攻撃参加には意外性もあって、マークも緩いから、ラストパス・シュートの一発狙いも「あり」だと思うのである。茂庭が完全復帰すれば、最終ラインの問題はかなり解決できそうだけれど、まだまだなのだろうか? 攻撃は羽生以外にパスアンドゴーが少ないことが問題。そして、カボレはしっかりマークされていることもあってか活きていないが、パートナーがカボレを囮にできていないということなのだろうか? カボレが活きれば点が取れることは明らかだが、これはほとんど循環論法かもしれない。どうやって立て直したらいいのか、よく分からないところもある。
 救いは他の試合でも引き分けが多かったこと、今日の試合もそうなることだけを祈ろう。
 大分は難しいけれど、瑞穂には行きたいと思っているところ。

|

« 京都 1-1 東京 勝ち点1の救い | Main | また、味スタ問題 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/41981543

Listed below are links to weblogs that reference 東京 1-1 横浜M 実りなき引き分け(7月26日):

« 京都 1-1 東京 勝ち点1の救い | Main | また、味スタ問題 »