« 日本休日党の設立について | Main | 東京 1-1 横浜M 実りなき引き分け(7月26日) »

July 21, 2008

京都 1-1 東京 勝ち点1の救い

 九死に一生とはまさにこのことだ。
 テレビで見た限りだが、ガンバ戦よりも内容が悪かった。特にカボレの不調が深刻で平山も今ひとつ。チーム内のコミュニケーションが悪い感じがする。ゴールの近くでこねすぎるケースが多い。何はともあれ次は絶不調のマリノスから勝ち点3をいただいて、調子を回復して欲しいところ。オリンピックでしばらく梶山・長友を欠くのは痛いが、大竹、エメルソンはもちろん、金沢とブルーノの復帰に期待したいところだ。他力本願ではあるけれど、ダンゴ状態から振り落とされないようにしたいところ。

|

« 日本休日党の設立について | Main | 東京 1-1 横浜M 実りなき引き分け(7月26日) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/41927926

Listed below are links to weblogs that reference 京都 1-1 東京 勝ち点1の救い:

« 日本休日党の設立について | Main | 東京 1-1 横浜M 実りなき引き分け(7月26日) »