« May 2008 | Main | July 2008 »

June 29, 2008

東京 1-1 千葉 数々の試練、味スタ満員で、旧甲州車両通行止めを!

 優勝争いを経験したいという今年の目標からいうと、ここしばらくはその前哨戦かもしれない。勝てば首位と勝ち点が並ぶが、負ければ中位に落ちるかもしれないという試合。羽生へのブーイングと、「ユータ、ユータ、どこ行った」という東京側のコールで試合は始まった。
 キックオフ直後、カボレの顔を打つ池田のプレーには立腹したが、いい立ち上がりで来たと思っていたら、前線に蹴られたボールを佐原が逃し、相手FWレイナウドが抜け出した。今野がカバーに入り、ぎりぎりの守備と思ったらPK。それだけではなく赤。高山主審は躊躇無く前半に赤を出すタイプで、これまでは恩恵を被っていたから何も言うまいと思いつつも、せめて黄色にという感じでもあった。ペナルティエリア内の普通のファウルを、得点機阻止と解釈して、機械的に赤を出したのではないかと思う。ただ、この試練は塩田が見事に止め、10人とはいえ先制されるということにはならなかった。
 その後も東京のペースで、はっきり言って互角以上、いいハンディを与えてやったぐらいに思っていた。でもさすがに80分以上を10人は厳しいと思っていたら、平山が倒され、それがペナルティエリア。池田にイエロー。2枚目ではないのだな? しかしながら、PKをカボレが蹴ったが防がれ、第三の試練が課された。しかし、10人になった後も守備的にならず、梶山ワンボランチで、平山がトップ下兼FW、エメルソンが右サイドをやりつつボランチとトップ下のカバー、羽生が11人のときと同様のプレスや飛び出しをすることによってペースをつかみ、コーナーキックを獲得。千葉はニアに長身選手が集まっているから、ファーしかないなと思っていたら、ボールが見事にファーに行き、なぜかフリーになった佐原がうまくヘディングを決めた。
 前半終了間際に、千葉の新居(田舎のチンピラみたいな奴)がクレームでイエローをもらい、終了後も抗議していたので、普通なら二枚目と思っていたのだが、なぜか主審が自重してしまった。ああいうみっともない行動には出すべきだったと思う。残念ながら新居も後半は自重してしまったみたいだ。
 後半は少し千葉が攻めてきて、巻も投入され、徳永をCBにして対応したが、佐原が負傷したときにクロスからレイナウドに決められた。10人では互角以上だったが、さすがに野球の人数でサッカーを戦うのは大変で、この試練には耐えられなかったようだ。吉本を投入するとか、イエロー覚悟で佐原が戻るまで時間稼ぎをするとか、手段はあったのだと思うのだが…
 その後はその後藤山がCBに戻って巻と競うなど、危なそうで危なくないような場面もあったが、塩田の好セーブ等もあり、攻撃は梶山のキープや、エメルソンがシュート以外全てに絶妙で、平山もポストにも守備にも闘って貢献した。ただ、交代出場の大竹・近藤が流れに乗れず、赤嶺も何もできないうちに試合は終わってしまった。
 さて、浦和は一週間休んでいる中、こっちは水曜に大分とのナビスコがあり、その後も鹿島、ガンバと上位対決が続くが、この試合の疲れも含めて様々な試練が待っているのであろう。それを楽しみ、乗り越えて行くことが進歩につながると思うのである。
 スタジアムの芝は、雨の中にしては結構よかったみたいで、ムラバが吼えた効果があったのではないかと思う。そして、今日はフードコートを利用してみた。雨で結構すいていたようだが、相変わらず競争の緊張感のない、計画経済時代のチェコを思い出すような、客を客と思わないような売店の店員はいなかった。このスタジアムは、ビール売りの人(この人たちだけ競争があるのかも)を除き、売店の連中は、身だしなみ、いかにもやる気なさそうなのろい動きからして、知る限りでは日本のスタジアムでも最低だ。更に、いつものことながら、せっかくの便利なアクセスを帰りの旧甲州の信号が台無しにしている。特急が飛田給に止まる時間帯は、公共交通(バス)以外は通行止めにしてしまえば、気の効かない(やむを得ないのだろうけれど)交通整理をする連中も不要となって、一挙両得だと思うのである。もっとも、スタジアムが満員にならないと難しいかもしれないが、あの時間帯に、旧甲州を緊張感無く運転することが、そもそも間違いなのである。
 とまあ、悪態はこのぐらいと思ったが、もう一つだけ。今日のできに満足してたら、千葉の残留は難しいだろう。サポーター諸君は試合後に怒るべきだった。
 東京は、今後とも様々な試練が課されることが分かったが、怪我人の回復と更なるチーム内競争で、伸びていってほしいところだ。やっぱり競争とか、刺激とかが大事なのである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 22, 2008

日本 1-0 バーレーン セルジオ微妙

 秒殺PKを外して終了間際に巻の「エアーゴール」ということで、何だか楽しめたような…
安田と交代した今野が意外に前のほうで頑張って、いい流れを呼び込んでいたと思う。
 まあ、テレビのセルジオ越後のコメントを借りるまでもなく、勝っただけの試合だが、そんなことはあるものだ。今後、どんな最終の組み合わせになるのか分からないけれど、これから新しいチームを作っていくことになることは間違いないだろう。ただ、ボランチのところで、遠藤・長谷部・中村(憲)・今野あたりの組合せが可能となり、「脱鈴木啓太」を実現できたのは一つの成果ではないだろうか? あとはFWで玉田と誰が組むかということかもしれない。
 厳しい戦いが予想されるとすると、選手や監督の人選以上に心配なのは、ドクターだというのはしつこいかもしれないが、そう思わざるを得ない。ここの入れ替えの有無が、出場を左右しないことを祈る。埼玉スタジアムにそういうアピールはなかったのだろうか? それとも、今後、Jの場で、各競技場にそういうメッセージが掲げられるのだろうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 21, 2008

ユーロ

 全然見てないんだけれど、できれば「攻撃サッカー」頑張れという感じ。イタリアがオランダ、ドイツがクロアチアに負けたときは「ざまみろ!」と思ったのだが、やはりこの2チームは上がってきて、こともあろうにドイツはポルトガルを下してしまった。しかもあの加地を削ったシュバインシュタイガーが活躍したというので、腹が立つ。ヘタすればイタリアがスペインを下して、最終的にドイツとイタリアの決勝とかいうのだけは、やめてもらいたいところだが、そんな悪い予感がするのである。そのときは審判が贔屓をしないから「フットボールは死んだのだ」とか、アホな評論家のようなことを言って場末の酒場で飲むしかないのだろう。だからスペインとオランダの頑張りに期待するが、まあ、ユーロはやっぱり他人事なのである。
 ワールドカップ南米予選もブラジルが苦戦しているようだが、それはそれとして、そろそろコロンビア、たまにはペルーあたりの躍進に期待したいと思っている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 20, 2008

この方、ヤブですか?

 長友離脱。チームが抗議して当然。

 上の写真の人ではありません。
 http://medical.nikkeibp.co.jp/inc/all/blog/nozaki/gallery/gallery08.html

 でも、この文章はブラックジョークとしか思えないのである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 16, 2008

横浜FC 0-1 岐阜 確信の差(6月15日)

 小峯がスタメンであることを確認してから家を出た。新宿三丁目から副都心線を試して渋谷を経由して横浜へ。三ツ沢上町で岐阜サポーターらしき人の後を歩いてスタジアムを目指したが、追い越すことになってしまった。スタンドに入った瞬間キックオフ。
 小峯はいきなりクリアが相手に当たってピンチを招いたり、左サイドを突破されたりで、味方に謝ったり、そんなに走ってないのに水ばかり飲んだりだったが、数年前にここで徳島のメンバーとして見たときは(1,2)、スリーバックの一角のストッパーだったところ、しっかりキャプテンマークを巻いて、2CBのスイーパータイプに変貌していた。CBの相棒の加藤完(いい名前だ!)が高さに強いので、カバーリングをするというのはいいコンビなのかもしれない。

200806151612000

 拡大してもよく見えないかもしれませんが、画面の真ん中にいるのがキャプテン。

 後半は横浜FC側で息をひそめながら観戦。横浜FCが攻勢を見せるが、何故か決定機を外しまくる。それでも小峯は「オーケーオーケー、大丈夫大丈夫。」というような感じで仲間を鼓舞しており、正直笑いをこらえるのが精一杯。でも、そんな中で左サイドバックを奈須から菅に代えたら、その後にコーナーキックから彼が決め。その後も小峯がシュートを顔面で受けたり、ダイビングヘッドでクリアしたりしながら守りきったのである。
 試合中は味方に謝ることが多かった小峯だが、終了後はすっかりキャプテンの顔となって、ゴール裏に一番早く駆けつけ、オレンジ色のキャプテンマークが外れかかったまま、勝利を喜び、挨拶。
 200806151656000_2

 岐阜は全体に緑の横断幕と旗のところ、彼の旗(左端)だけは、真っ赤な旭日旗のデザイン。試合後は「コミネ狂」というゲーフラも出ており、これにも笑った。

 桐は、守備もきっちりするし、いい大人の選手に成長していて好印象。あとは高木とか、梅田とか、片山とか、敵の立場に立てば結構怖い攻撃陣。横浜は三浦アツに全くいいところがなく、DF早川もいらだってイエローをもらうなど、チームとして機能していないのに対し、岐阜にはチームの仲間の長所も短所も理解して、信頼しあう一体感を感じた。やはりキャプテンの人徳が大きいのだろうか? 違うような気もするのだが、伊藤哲コーチの魂が乗り移っていると、理解したい。ちなみに最初に小峯を見たのはガスのときだから、10年たつのである。スタンドの中はよく見なかったが、何人かは東京サポーターも駆けつけていた模様。
 なお、カズはサブにも入っていなかったけれど、昨年東京にいた八田や、昔の大分のGK小山等、見たことのある選手は他にも何人かいるのであった。
 二度目の花を咲かしつつある小峯に、サッカー雑誌はインタビューを! 今度の花は短いかもしれないが…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 15, 2008

三ツ沢

 日曜日はソウルにも韮崎にも行かず、三ツ沢で小峯隆幸を見ようか(横浜FCvs岐阜FC)と思っている。ここのところスタメンから外れているものの、DFラインに出場停止者が出ているから、出番があるのだと信じている。でも、もしスタメンでないことが分かったら、途中で引き返して来るかもしれない。カズ(00年は京都でコミネと対決)との対決なんてあるのかね?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 14, 2008

あやうく盗難

 昨日、飲んで帰る途中、2駅ほど寝過ごした。すると、カバンがなく、読みかけの雑誌だけを持っているではないか!? 戻る列車も無く、タクシーで帰る。そして、翌日となる本日、明大前の京王線・井の頭線お忘れ物取扱所へ。荷物はつつじヶ丘駅で発見されたそうだが、トイレに置いてあったとのこと。どう間違ってもつつじヶ丘へ行く可能性はないので、車内で眠っていて盗まれたに違いない。ただ、金目のものは入ってなかったので、事なきを得たようである。
 夜遅い電車だと、こういう感じで盗人に狙われているのかもしれない。金目のものは持たないこと、座らないこと、それよりも飲みすぎないことなんだろうけれど…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 08, 2008

ヴェルディ 2-4 東京 平山、ハットトリック。なぜかフリーでコーナーから2点

 松本へは行けず、録画予約も忘れ、昨日MXでブルーノの得点、佐原の退場や失点を見ただけである。限られた情報だけだがもったいない試合とはこういうことなのだろう。相手は消化試合とはいえ、ヴェルディには意地があるだろうから、かえってやり難い相手となった。
 試合は東京ペースで始まったのに、カウンターから茂庭がフッキにつききれず、シュートを荻がこぼして広山に決められる。
 すぐに、梶山の裏へのボールにカボレが追いついてループで決めたが、直後に、藤山(?)のファウルで取られたフリーキックをフッキに直接決められる。蹴ってから入るまでかなり長い時間だったが、GKがボールに反応できてないのがもどかしく、枠に行かないことを祈ったが枠内だったという感じだった。
 その後、チャンスをつかみかけるがシュートにつながらず、中盤でボールを失ってカウンターのピンチもあったが、ボランチの位置を修正したのか、徐々に収束へ向かった。そして前半終了間際、羽生のコーナーキックに、ニアでフリーの平山がヘッドで決めて同点。前半を折り返す。
 後半は開始直後、カボレが右サイドを突破し、平山にクロス。これを足で決めて逆転。その後はファウルが多いが何とかしのぐ。磐田が2-0でリードしていたから、予選突破に引き分けは許されないなか、もう1点欲しいと思っていたところ、カボレがコーナーキックを得る。キッカーは羽生と交代した石川で、正直期待薄だと思っていたら、またまた平山がどフリーでハットトリック。マークは那須だったと思うのだが、なんであんなにフリーになったのだろうか? 全般的にカボレの献身的なプレーが際立っていたが、もっと強引に狙ってもらいたい。後半は茂庭、荻も持ち直して好プレーを見せ、椋原も高卒新人とは思えない落ち着きを見せて勝利。試合後は「ヒラヤマニッポン」「ソリマチ、ソリマチ糞ったれ」等で締める。そういえば、アウェイで勝って喜びすぎてはいけないんだったっけ? 人数的にはアウェイではなかったけれど…
 チームの完成度としては、GKとCB、中盤とFWとのコンビネーション等、まだまだなのだが、今野・長友・塩田・佐原を欠き、浅利・赤嶺・金沢を投入せずに勝てたというのは大きいと思う。でも、オフの調整が重要である。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 07, 2008

自民党がテレビ朝日に謝罪要求 後期高齢者医療制度報道で

<引用>
自民党は6日、テレビ朝日が報道番組「報道ステーション」で後期高齢者医療制度に関して「無関係な映像を使い国民に誤解を与え、自民党役員の名誉を毀損した」として抗議し、訂正放送と謝罪を求める通知を出した。 サンケイ 2008/06/06

 自民党は間違っている! そもそも報道ステーションが報道だと思っている時点で! あれはバラエティ番組だからである。もっとも、古館伊知郎は報道機関の人間とはいえないから、報道の自由を100%尊重した上で、彼に取材拒否をしても全く問題はないはずである。でも、全く笑えないバラエティ番組ってのも困ったものだ。あの番組をときどき見てしまう自分を恥ずかしいと思ったのである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 02, 2008

日本 3-0 オマーン 追悼、長沼健

 子供の頃に親戚からもらった長沼健「サッカーに賭けた青春」、04年にビワコビッチ氏に「書評」を書いてもらったが、長沼氏の「サッカーバカ」っぷりには共感を覚えたのである。1969年の本だから、結構入手難だと思うので、高く売ります。ではなくて、この機会にぜひ再販をと思うのであります。彼の描いた将来(現在)の「設計図」には、読者皆が唸らされると思う。ということで追悼のひとことに代えさせていただく。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« May 2008 | Main | July 2008 »