« 三ツ沢 | Main | この方、ヤブですか? »

June 16, 2008

横浜FC 0-1 岐阜 確信の差(6月15日)

 小峯がスタメンであることを確認してから家を出た。新宿三丁目から副都心線を試して渋谷を経由して横浜へ。三ツ沢上町で岐阜サポーターらしき人の後を歩いてスタジアムを目指したが、追い越すことになってしまった。スタンドに入った瞬間キックオフ。
 小峯はいきなりクリアが相手に当たってピンチを招いたり、左サイドを突破されたりで、味方に謝ったり、そんなに走ってないのに水ばかり飲んだりだったが、数年前にここで徳島のメンバーとして見たときは(1,2)、スリーバックの一角のストッパーだったところ、しっかりキャプテンマークを巻いて、2CBのスイーパータイプに変貌していた。CBの相棒の加藤完(いい名前だ!)が高さに強いので、カバーリングをするというのはいいコンビなのかもしれない。

200806151612000

 拡大してもよく見えないかもしれませんが、画面の真ん中にいるのがキャプテン。

 後半は横浜FC側で息をひそめながら観戦。横浜FCが攻勢を見せるが、何故か決定機を外しまくる。それでも小峯は「オーケーオーケー、大丈夫大丈夫。」というような感じで仲間を鼓舞しており、正直笑いをこらえるのが精一杯。でも、そんな中で左サイドバックを奈須から菅に代えたら、その後にコーナーキックから彼が決め。その後も小峯がシュートを顔面で受けたり、ダイビングヘッドでクリアしたりしながら守りきったのである。
 試合中は味方に謝ることが多かった小峯だが、終了後はすっかりキャプテンの顔となって、ゴール裏に一番早く駆けつけ、オレンジ色のキャプテンマークが外れかかったまま、勝利を喜び、挨拶。
 200806151656000_2

 岐阜は全体に緑の横断幕と旗のところ、彼の旗(左端)だけは、真っ赤な旭日旗のデザイン。試合後は「コミネ狂」というゲーフラも出ており、これにも笑った。

 桐は、守備もきっちりするし、いい大人の選手に成長していて好印象。あとは高木とか、梅田とか、片山とか、敵の立場に立てば結構怖い攻撃陣。横浜は三浦アツに全くいいところがなく、DF早川もいらだってイエローをもらうなど、チームとして機能していないのに対し、岐阜にはチームの仲間の長所も短所も理解して、信頼しあう一体感を感じた。やはりキャプテンの人徳が大きいのだろうか? 違うような気もするのだが、伊藤哲コーチの魂が乗り移っていると、理解したい。ちなみに最初に小峯を見たのはガスのときだから、10年たつのである。スタンドの中はよく見なかったが、何人かは東京サポーターも駆けつけていた模様。
 なお、カズはサブにも入っていなかったけれど、昨年東京にいた八田や、昔の大分のGK小山等、見たことのある選手は他にも何人かいるのであった。
 二度目の花を咲かしつつある小峯に、サッカー雑誌はインタビューを! 今度の花は短いかもしれないが…

|

« 三ツ沢 | Main | この方、ヤブですか? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/41555812

Listed below are links to weblogs that reference 横浜FC 0-1 岐阜 確信の差(6月15日):

« 三ツ沢 | Main | この方、ヤブですか? »