« ユーロ | Main | 東京 1-1 千葉 数々の試練、味スタ満員で、旧甲州車両通行止めを! »

June 22, 2008

日本 1-0 バーレーン セルジオ微妙

 秒殺PKを外して終了間際に巻の「エアーゴール」ということで、何だか楽しめたような…
安田と交代した今野が意外に前のほうで頑張って、いい流れを呼び込んでいたと思う。
 まあ、テレビのセルジオ越後のコメントを借りるまでもなく、勝っただけの試合だが、そんなことはあるものだ。今後、どんな最終の組み合わせになるのか分からないけれど、これから新しいチームを作っていくことになることは間違いないだろう。ただ、ボランチのところで、遠藤・長谷部・中村(憲)・今野あたりの組合せが可能となり、「脱鈴木啓太」を実現できたのは一つの成果ではないだろうか? あとはFWで玉田と誰が組むかということかもしれない。
 厳しい戦いが予想されるとすると、選手や監督の人選以上に心配なのは、ドクターだというのはしつこいかもしれないが、そう思わざるを得ない。ここの入れ替えの有無が、出場を左右しないことを祈る。埼玉スタジアムにそういうアピールはなかったのだろうか? それとも、今後、Jの場で、各競技場にそういうメッセージが掲げられるのだろうか?

|

« ユーロ | Main | 東京 1-1 千葉 数々の試練、味スタ満員で、旧甲州車両通行止めを! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/41616054

Listed below are links to weblogs that reference 日本 1-0 バーレーン セルジオ微妙:

« ユーロ | Main | 東京 1-1 千葉 数々の試練、味スタ満員で、旧甲州車両通行止めを! »