« April 2008 | Main | June 2008 »

May 25, 2008

東京 3-0 ヴェルディ スーペルエメルソン!

 後半。3人目の交代の石川が出てきたときに、エメルソンはベンチのほうに寄ってきた。交代相手は羽生なのだが、さすがに疲れており、交代を希望しているのかと思ったら、要するに石川は右だから、自分が左に移るという戦術に忠実な動きだった。
 前半から、彼は初出場の若手のイケメン椋原の守備をフォローするとともに、ヴェルディの左サイドの服部をドリブル一対一の勝負でずたずたにし、後半は苦しい時間帯はボールをキープして、ヴェルディの足が止まってきてからはカボレにスルーパス。終了間際にはカウンターからユースケにスルーパスを出してダメ押しの3点目も演出したのだった。いやあ、空気読んでプレーできる賢さと、テクニックにハードワークを兼ね備えた外国人、そんなブラジル人なんて、ありえるのでしょうか?という感じ。チームはいますぐ彼の髪型(青と赤に染めて編んでいる?)のカツラを販売しなければならない。そして、我々はスタジアムだけではなく、職場や家庭でそれを身に着けるのである。
 閑話休題。試合は意外にも、攻め上がったブルーノのミドルで2分に東京が先制した。機を見て攻めあがるということでは、今野・梶山・浅利の手本となるプレーだった。その後も何度か決定機(羽生・ブルーノ・平山)があったが決められず、ヴェルディにもチャンスがあったが塩田のセーブでしのいだ。ピンチがあると、羽生がフォローをしており、特に攻撃に移るときの動き出しは、栗澤にも見習ってもらいたいものだった。後半になってからは押し込まれていたが、浅利を中心とした守備陣が何とかバランスを保ち、スーパーゴールでなければ決められないような守備を、何とか維持していた。そんな苦しい中で、まずはブルーノに代えて金沢を投入して中盤の守備を安定させ、カウンターからカボレが倒されての徳永のフリーキックを、フリーになった佐原が見事にヘッドで決めたのだった。カボレ・平山も攻守に奮闘していたが、数的不利でなかなか前線ではボールをキープできなかった状況で、辛抱強くチャンスを待っていた。そして、終了間際には、その前に決定機のヘディングを外したユースケが、上記の通りエメルソンからのスルーパスを、土肥の睨みにもまけずに冷静に決めたのである。
 長友・今野・梶山を欠くということもあり、できのいい時間帯は少なかったけれど、皆が持ち味を出して耐えたことが勝利につながったのだと思う。平山を含めて皆が奮闘していたと思うが、あまりにチームプレーに徹し、紳士的すぎるカボレに、ときにはエゴイスティックなプレーも期待したいと思うのは私だけだろうか? それと、バックラインからのビルドアップはほとんどできなかった。課題はたくさんあるが、チームとしての成長と、戦力の充実、さらに今後の伸びしろが感じられるのが嬉しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ヴェルディ戦前、近況

 今日は普通にスタジアムに行ける。そういえばホームは名古屋・柏と連敗し、磐田のアウェイはテレビでも見てないのである。
 メンバー的には新たなチャレンジが見られるようで、不安もあるが楽しみでもある。「東京の不発弾」こと(誰もそんなこと言ってないか?)平山の爆発も、気長に待とう。
 代表戦は一部をテレビで見たが、長友は元気で今野が地味だった。5番であのポジションというのは、94年のマウロシルバを思い出してぐっと来るのだが、もうひと頑張りしてレギュラーを取ってしまって欲しい。
 若干仕事の環境が変わり(基本的には悪化だが、達観する)、来週は約一年ぶりに一泊二日の台湾だったりする。他には非生産的なことが多い中、何もかも開き直って「楽しんで」いるのだが、自分のためには、なるようにしかならないとは言わずに、少しでも自分の成長のために利用できればと妄想する。と、意味無く前向きな中、欲しいのは時間だが、逆に時間があったらできるのかと言われると、そうでもないかもしれないというところが辛いところ。
 <追記>
 味スタ問題、社長の暴言(?)等々、賛同します。黙っているより、何かやってかき回したほうがいいでしょ。
 浦和には、罰金なんか課さなくていいから、無観客試合一試合が一番いい薬になると思う。でも、そんなこと言っていて、東京との試合に適用されても困るかな?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 19, 2008

首位と3差は上出来か

 磐田1-2東京。見てない上に録画も忘れた。
 浦和2-3ガンバ。余計な警備費用を軽減するためにも、何らかの処分が必要で、そろそろ無観客試合というあたり? 
 川崎2-3大宮。前半だけテレビで見て、2-0だった川崎の圧勝と信じ、外出して酒飲んでいたら、いつの間にか同点とされ、その後逆転されていた。不思議だ。
 さて、ナビスコも正念場だが、梶山・今野の二枚看板と長友を欠く中、金沢・浅利・栗澤・池上あたりで、どこまでやりくりできるのだろうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 13, 2008

アマラオと私

 のっけから小学生の作文のタイトルのようだが、アマラオの東京退団時にはこんな懸賞作文でもやればよかったのにと思ってたのだった。あれからもう4年半。歳取るわけである。
 私がアマラオを現場で初めて見たのは98年。当時出会った小中学生たちも立派な大人となり、若者だったのも中年に片足突っ込みつつある。この年、東京ガスは絶好調だったのだが、彼と奥原がケガで離脱すると、全然点が取れなくなり、アウミールのいる大塚製薬、川崎フロンターレ、シジクレイと佐藤由紀彦のいるモンテディオ山形にも負け、サポーターも結構怒っていたのだった。ケガから復帰するも、大熊監督は毎試合彼を後半から投入していた。アマラオは、スタンドのサポーターに、試合前の練習では、「コウハンカラデルヨ、ダイジョブ」とか言って出てきてはシュートを外し、それでも終了間際にはきっちりと得点を重ね、サポーターを熱狂させていた。「アマラオがシュートを外して怒っているヤツは素人」という格言は、降格のないアマチュアチームだったからこそで、この頃生まれたのかもしれない。結局東京はタナボタでJFL優勝を果たしたのである。そのときは、アマラオはいい選手だけれど、ケガばかりしているようだし、このチームがJリーグに上がる前に解雇されてしまうのだろうと思っていたのだった(新條、奥原はJ1ではプレーできなかったし…)。彼はJ2初年度も秋にケガをしたが、ナビスコカップではJ1でも通用することを示し、J1に上がってからのほうがケガが少なくなり、得点のペースも衰えず、「東京旋風」を起こしたのだった。
 そんなアマラオの引退試合だったが、それでもどうしても抜けられない用事があったので、スタジアムに着いたのは3時過ぎ。それでも彼の得点には間に合い、泣き笑いのセレモニーも見ることができたので、何とか満足だ。梅山議員もいい味出しています。
 さすがにチームやJリーグが絡んでいないだけのことはあって、耳慣れないスポンサーがついているが、今後悪いことが起きないように、我々は皆で彼を守らなければならないのである。
 当時の選手も一杯出てきて嬉しかったが、遅れたので見てない人がたくさんいるのが残念。今後も彼らが動けるうちに、あの選手やこの選手にも引退して貰って、今度はアマラオにもゲストで出てきて貰おうか? いや、冗談、冗談…
 FC東京10周年記念行事として、オフには東京ガス、初期FC東京のOB試合でもやってくれないかな。CBはサンドロ・小峯・浮氣・本吉あたりで、新條やツゥットなんかも見たいもの。支離滅裂な文を書きつつこんな妄想をする私は、何かから逃避しようとしているのでしょうか?

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 12, 2008

東京 0-1 柏 中間決算(5月10日)

 この5試合、2勝3敗、得点4、失点3。負けは全部1-0という訳。この日も敗因はよく分からず。出場停止からスタメンに梶山が復帰し、さすがというところを見せていた。前節羽生をスタメンで入れたのは、意外性のある梶山を欠くためだと思っていた。オリンピック期間中にも、タイプは違うが意外性もある羽生に頑張ってもらう必要はありそうだ。だから、突破力のある長友が欠場した今節は、やはり突破の得意な石川をスタメンに起用するという選択肢はなかったのだろうか? もちろん石川の調子は分からないのではあるが…
 雨の日というのは、実はテクニックがない選手には不利になるような気もした。逆に、梶山・金沢あたりは結構いい感じに見えたのである。そして、失点はクリアミス・パンチミスといったところから来たが、CBが不安定といえども、5試合で3失点というのは合格点である。むしろ、何で点が取れなくなったのかを考える必要がある。一つには、サイドバックも含めた押上げが弱くなった点があるのだと思うのである。あと、今野は攻撃参加は悪くないと思うけれども、あの圧倒的な存在感のあるボール奪取力を披露する機会があまりないように感じられるのは、どうしてなんだろう?
 ホームで無得点で連敗というのは困ったことだが、まだまだ発展途上とはいえ、昨年に比べれば全体としてはずいぶんよくなり、今後に期待が持てるのは嬉しいことである。
 アマラオのことは次の機会にでも… 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 06, 2008

東京 0-1 名古屋 少しずつ課題が浮き彫りか?

 清水戦も含めて現場で見ていないが、昨日と今日で大分戦と大宮戦の録画を見た。前者は意外と普通の試合で、マスメディアが審判の暴言発言とかで賑わっているのは、虚構としか思えなかった。テレビ録画で見る限りで独断と偏見が入っているが、大分の森重の2枚目はギリギリとしても、前田は終了間際で試合にほとんど影響がない上に、本人も納得の退場。勝手な推測に過ぎないが、主審が上本(かなりカードの多い「削り屋」じゃなかったっけ?)の嘘を受け止めつつ、彼の選手生命を守った最大の犠牲者ではないかというのが、私の仮説。また、大宮戦はかなりラッキーでもあり、まだまだ優勝争いするチームの内容ではなかった。
 さて、連敗相手はやり難いと思いながらも、カボレが巧みに(?)PKを獲得したときには誰が決めるのかと思っていたら、ユースケがバーに当ててしまった。終了間際にも強烈なシュートを2本楢崎に止められ、どうも彼の日ではなかったようだ。
 長友が負傷退場している間に、杉本へのスルーパスに藤山が追いつけずに失点したが、全体としてそんなに悪いできだとは思わなかった。ただ、梶山を欠くと、いい意味でも悪い意味でも意外性がなくなり、「秀才のプレー」となる。栗澤・金沢あたりはその典型である。パス交換が狭い限られた人数の間となり、サイドチェンジも少ない。いっぽう、体力的には問題がないとされ(?)、フル出場している徳永は、ポジション取りの遅れが顕著な上、攻撃参加も阿部に止められてしまっていた。CB、中盤はローテーション、FWは途中交代で体力減退を防いでいる中、塩田・今野・梶山(今節の出場停止以外にケガ欠場あり)とともに、「不動のメンバー」とされている彼であるが、茂庭すら「聖域」から外れた時点では、そろそろ考えたほうがよいのではないかと思う。また、途中出場の大竹も「通用しないプレー」を見つけたかもしれないし、羽生はまだカンが戻っておらず、ボールを失う起点となり、前半交代も止む無しというできだったと思う。まあ彼は今後石川ともども調子を上げてくるだろう。でも、石川はフリーキックだけはご遠慮願いたい。怪我人が戻って来るということは、まだまだコンビネーションが合わない部分があるので、今後もこんな一進一退が続くのであろう。もっとも、今後上位との対決が続くと思いきや、磐田は下位だし、鹿島・ガンバは「旧上位」というような状況になりつつあるし、川崎・横浜とは既に当たっている。まあ、どことやっても接戦となるのが今の東京だろう。
 CBは今後、まだ本調子ではないといえ、茂庭を軸とし、相手に合わせて藤山と佐原を使い分けるべきではないかと思う。補強でもできれば別だろうけれど、現実的ではなさそうだし。中盤はエメルソンを待ちたいが、様々な組み合わせがある。問題は赤嶺・ユースケの使い方かもしれないが、あえて、「平山、待っているぞ!」と言いたい。
 次の柏戦までが「連戦」ということだと思うが、ここで何としても勝ち点3が欲しいところ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2008 | Main | June 2008 »