« ヴェルディ戦前、近況 | Main | 日本 3-0 オマーン 追悼、長沼健 »

May 25, 2008

東京 3-0 ヴェルディ スーペルエメルソン!

 後半。3人目の交代の石川が出てきたときに、エメルソンはベンチのほうに寄ってきた。交代相手は羽生なのだが、さすがに疲れており、交代を希望しているのかと思ったら、要するに石川は右だから、自分が左に移るという戦術に忠実な動きだった。
 前半から、彼は初出場の若手のイケメン椋原の守備をフォローするとともに、ヴェルディの左サイドの服部をドリブル一対一の勝負でずたずたにし、後半は苦しい時間帯はボールをキープして、ヴェルディの足が止まってきてからはカボレにスルーパス。終了間際にはカウンターからユースケにスルーパスを出してダメ押しの3点目も演出したのだった。いやあ、空気読んでプレーできる賢さと、テクニックにハードワークを兼ね備えた外国人、そんなブラジル人なんて、ありえるのでしょうか?という感じ。チームはいますぐ彼の髪型(青と赤に染めて編んでいる?)のカツラを販売しなければならない。そして、我々はスタジアムだけではなく、職場や家庭でそれを身に着けるのである。
 閑話休題。試合は意外にも、攻め上がったブルーノのミドルで2分に東京が先制した。機を見て攻めあがるということでは、今野・梶山・浅利の手本となるプレーだった。その後も何度か決定機(羽生・ブルーノ・平山)があったが決められず、ヴェルディにもチャンスがあったが塩田のセーブでしのいだ。ピンチがあると、羽生がフォローをしており、特に攻撃に移るときの動き出しは、栗澤にも見習ってもらいたいものだった。後半になってからは押し込まれていたが、浅利を中心とした守備陣が何とかバランスを保ち、スーパーゴールでなければ決められないような守備を、何とか維持していた。そんな苦しい中で、まずはブルーノに代えて金沢を投入して中盤の守備を安定させ、カウンターからカボレが倒されての徳永のフリーキックを、フリーになった佐原が見事にヘッドで決めたのだった。カボレ・平山も攻守に奮闘していたが、数的不利でなかなか前線ではボールをキープできなかった状況で、辛抱強くチャンスを待っていた。そして、終了間際には、その前に決定機のヘディングを外したユースケが、上記の通りエメルソンからのスルーパスを、土肥の睨みにもまけずに冷静に決めたのである。
 長友・今野・梶山を欠くということもあり、できのいい時間帯は少なかったけれど、皆が持ち味を出して耐えたことが勝利につながったのだと思う。平山を含めて皆が奮闘していたと思うが、あまりにチームプレーに徹し、紳士的すぎるカボレに、ときにはエゴイスティックなプレーも期待したいと思うのは私だけだろうか? それと、バックラインからのビルドアップはほとんどできなかった。課題はたくさんあるが、チームとしての成長と、戦力の充実、さらに今後の伸びしろが感じられるのが嬉しい。

|

« ヴェルディ戦前、近況 | Main | 日本 3-0 オマーン 追悼、長沼健 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/41315042

Listed below are links to weblogs that reference 東京 3-0 ヴェルディ スーペルエメルソン!:

« ヴェルディ戦前、近況 | Main | 日本 3-0 オマーン 追悼、長沼健 »