« しばらく | Main | 東京 0-1 柏 中間決算(5月10日) »

May 06, 2008

東京 0-1 名古屋 少しずつ課題が浮き彫りか?

 清水戦も含めて現場で見ていないが、昨日と今日で大分戦と大宮戦の録画を見た。前者は意外と普通の試合で、マスメディアが審判の暴言発言とかで賑わっているのは、虚構としか思えなかった。テレビ録画で見る限りで独断と偏見が入っているが、大分の森重の2枚目はギリギリとしても、前田は終了間際で試合にほとんど影響がない上に、本人も納得の退場。勝手な推測に過ぎないが、主審が上本(かなりカードの多い「削り屋」じゃなかったっけ?)の嘘を受け止めつつ、彼の選手生命を守った最大の犠牲者ではないかというのが、私の仮説。また、大宮戦はかなりラッキーでもあり、まだまだ優勝争いするチームの内容ではなかった。
 さて、連敗相手はやり難いと思いながらも、カボレが巧みに(?)PKを獲得したときには誰が決めるのかと思っていたら、ユースケがバーに当ててしまった。終了間際にも強烈なシュートを2本楢崎に止められ、どうも彼の日ではなかったようだ。
 長友が負傷退場している間に、杉本へのスルーパスに藤山が追いつけずに失点したが、全体としてそんなに悪いできだとは思わなかった。ただ、梶山を欠くと、いい意味でも悪い意味でも意外性がなくなり、「秀才のプレー」となる。栗澤・金沢あたりはその典型である。パス交換が狭い限られた人数の間となり、サイドチェンジも少ない。いっぽう、体力的には問題がないとされ(?)、フル出場している徳永は、ポジション取りの遅れが顕著な上、攻撃参加も阿部に止められてしまっていた。CB、中盤はローテーション、FWは途中交代で体力減退を防いでいる中、塩田・今野・梶山(今節の出場停止以外にケガ欠場あり)とともに、「不動のメンバー」とされている彼であるが、茂庭すら「聖域」から外れた時点では、そろそろ考えたほうがよいのではないかと思う。また、途中出場の大竹も「通用しないプレー」を見つけたかもしれないし、羽生はまだカンが戻っておらず、ボールを失う起点となり、前半交代も止む無しというできだったと思う。まあ彼は今後石川ともども調子を上げてくるだろう。でも、石川はフリーキックだけはご遠慮願いたい。怪我人が戻って来るということは、まだまだコンビネーションが合わない部分があるので、今後もこんな一進一退が続くのであろう。もっとも、今後上位との対決が続くと思いきや、磐田は下位だし、鹿島・ガンバは「旧上位」というような状況になりつつあるし、川崎・横浜とは既に当たっている。まあ、どことやっても接戦となるのが今の東京だろう。
 CBは今後、まだ本調子ではないといえ、茂庭を軸とし、相手に合わせて藤山と佐原を使い分けるべきではないかと思う。補強でもできれば別だろうけれど、現実的ではなさそうだし。中盤はエメルソンを待ちたいが、様々な組み合わせがある。問題は赤嶺・ユースケの使い方かもしれないが、あえて、「平山、待っているぞ!」と言いたい。
 次の柏戦までが「連戦」ということだと思うが、ここで何としても勝ち点3が欲しいところ。

|

« しばらく | Main | 東京 0-1 柏 中間決算(5月10日) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/41115690

Listed below are links to weblogs that reference 東京 0-1 名古屋 少しずつ課題が浮き彫りか?:

« しばらく | Main | 東京 0-1 柏 中間決算(5月10日) »