« 東京 3-3 京都 耐え時 | Main | 横浜M 3-0 東京 惜敗と完敗の狭間で(4月2日) »

March 31, 2008

台湾で「さぬき」使えない? 現地企業が商標登録

MSN フジ産経 2008.3.4 09:56

<引用>

 さぬきうどんの本場、香川県で修業した樺島泰貴さん(36)が台北に出したうどん店「土三寒六」が、「さぬき」の名称を使用できなくなっている。台湾の冷凍食品会社「南僑」が9年前に商標登録をしていたためだ。

<コメント>

 もう約1か月前のニュースになってしまった。この事件、現在も動いているようだが、いま一つピンと来ない人も多いだろうから、台湾の商標登録のデータベース(台湾經濟部智慧財產局)で調べた結果を以下に。

 「飲食物の提供」関係のサービスに関する南僑の登録事例である。普通に開くと文字バケするかもしれないが、その場合は、エンコードを繁体字に。

 海外進出する際にはいろいろな金がかかるのだろうけれど、そんなに金かからないこんな調査もやっておくべきなのである。もっとも本件、事前に分かっても「商標権の範囲外」と主張して被告席で踏ん張る準備ぐらいしか、対策は思い当たらないが…

SANUKI

さぬき

サヌキ

讃岐(讚岐)

|

« 東京 3-3 京都 耐え時 | Main | 横浜M 3-0 東京 惜敗と完敗の狭間で(4月2日) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/40709125

Listed below are links to weblogs that reference 台湾で「さぬき」使えない? 現地企業が商標登録:

« 東京 3-3 京都 耐え時 | Main | 横浜M 3-0 東京 惜敗と完敗の狭間で(4月2日) »