« 味スタ問題 | Main | 台湾で「さぬき」使えない? 現地企業が商標登録 »

March 30, 2008

東京 3-3 京都 耐え時

 エメルソン、梶山が負傷欠場で、羽生・今野が代表から戻ってきた。梶山の「代役」は金沢で、磐田戦と同様にカボレ・赤嶺のツートップという布陣。その他、磐田戦との違いでいえば、浅利のところに今野、エメルソンのところに羽生、藤山のところに吉本で、金沢のところは長友、サブが栗澤から佐原に交代という感じ。
 いきなりコーナーのこぼれを吉本がコースを狙って決め、「秒殺東京」コールだったが、徐々に京都のペースとなり、コーナーキックから角田に決められる。そのまま前半終了かと思いきや、コーナーキックを赤嶺がどフリーとなってヘッドで決め、前半をリードで終える。
 しかし、後半から京都はボランチのシジクレイをCBに下げて3バックとし、カボレをケアーし、FWに田原を入れてきた。東京が今ひとつ得点の匂いがしない中、京都の左サイドに寄せが遅くなったところ、渡邉にミドルを決められ、その後に中盤で奪われてから田原にも決められた。後半から入った田原が効いていた。
 しかし、敗色濃厚と思っていたら、右サイドの徳永のふわっとしたクロスをGKが中途半端に弾き、そこに詰めていたのは今野。ヘッドで決めて同点、引分け。よく追いついた。
 まだまだ、選手は動き出そうとするが、コンビネーションが合っていないためボールを出せず、こねくり回すようなシーンが多かった。金沢は磐田でボランチをやっていただけあって、タイプは違うながらも見事に梶山の代役を果たしたといえる。次の横浜戦とその次の札幌戦、少しずつ怪我人が戻ってくると思うが、凌ぎ所だと思うのである。
 今日は交代のタイミングが遅く、大竹に代えるのなら守備の川口ではなく攻撃の森村だったと思うし、カボレがまだ馴染んでないから、もっと早い時間で平山をカボレと交代するという手もあったのではないかと思ったのであった。
 まだまだコンビは合ってないけれど、例年よりも「使える」選手が多いので、今後に期待が持てることは確かだ。梶山・石川・エメルソンといったところが戻って来るのが楽しみである。あとは守備かな? 4バックのCBの人材不足は日本中の問題だと思うが、現状では、非常手段は藤山としても、吉本を何とか一本立ちさせることが最も重要なことだと思う。彼の課題ではないかと思う攻撃のつなぎは、慣れればできると思うし、危なければ、ただ前に蹴るのも止むを得ないときもあると思うのだが…

|

« 味スタ問題 | Main | 台湾で「さぬき」使えない? 現地企業が商標登録 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/40695074

Listed below are links to weblogs that reference 東京 3-3 京都 耐え時:

« 味スタ問題 | Main | 台湾で「さぬき」使えない? 現地企業が商標登録 »