« 磐田 | Main | 味スタ問題 »

March 24, 2008

磐田 0-2 東京 至福 (3月23日)

 この日の「歴史的意義」があるとすれば、アウェイ磐田での初勝利ということもあるけれど、元代表の中山と名波の揃い踏み、終了間際の「顔見世興行」ではないだろうか? 対東京戦での、この二人の競演は最後かもしれない。というと怒られるかもしれないが…
 開始直後に、サイドの加賀の裏を赤嶺が切り裂いたり、東京のコーナーキックか何かで茂庭と茶野が衝突したり、互いに主導権争いが続いたが、その後はどちらかというと磐田のペースだったのを、少しずつ盛り返すような展開。特に184センチの萬台にボールが入るときに、170センチの藤山が対応するシーンは「悲鳴モノ」であったが、何とかしのぐ。その後、金沢の意地の突っかけに、太田が対応してイエロー。この頃から段々といい感じになってきた。でも、その後のジウシーニョのキーパー塩田への汚いラフプレイに、赤どころか黄色も出ないのには納得がいかない。相手コーナーキックのこぼれを拾って、味方側ペナルティエリアから相手側ペナルティエリアまでドリブルで爆走した徳永や、得意のインターセプトから駆け上がる藤山。相手も萬台や加賀(加賀健一は、かつて札幌にいたときに西が丘で見たことがあるが、加賀見健介の偽者みたいな名前だという印象しか残っていない)の強烈なミドルなど、一進一退を繰り返しながら前半が終了。東京は全体的には連動しているが、カボレだけが別世界で馴染んでないような印象。
 後半キックオフ直後も嫌な感じがしたが、何とか凌いだ後、右サイドを切り裂いた大竹からのボールを、赤嶺がいったんトラップミスしかけたものの、押し込んで先制。その後、エメルソン(世界一勤勉なブラジル人)が負傷し、守備的FW(?)の川口を投入。相手もボランチの犬塚に代えて成岡を投入するが、その後にまたも大竹が右からチャンスを作り、カボレが絡んだボールを再び赤嶺が決める。
 その後、カボレに代えて長友を入れ、左サイド前目に使って守備を安定させ、最後は平山を投入してキープさせて時間を使い、今シーズン初の無失点。DF陣も茂庭が安定し始め、徳永が絶妙のカバー、金沢も安心感をもたらしたことが大きいと思う。中盤では梶山も不調を脱し、大竹が切れていた。試合後、藤山や浅利が中山と握手する姿にはちょっと感動。JFLだった彼らがそれなりに成長し、通用しているということにも感慨深いものがある。
 帰りに浜松駅構内で飲んでいたら、カボレとエメルソン(足を引きずっていたが、大怪我ではないことを祈るだけである)が買い物。ブラインド越しにケータイで写真が取れ、全く気がついてなかったが、ここにアップするのは、趣味が悪いのでやめた。
 さて、負傷者が出てきたことは心配だが、少しずつ、かみ合うメンバーが増えてきて、希望が膨らんでいる。ただ、カボレをどう活かすのかは課題である。そして、もちろん平山にも期待なのである。カボレ・平山のツートップが機能したら、すごいことになるのは明らかである。一試合通してツートップは難しいかもしれないけれど、現状ではツートップをどんどん試して貰いたいような気がする。

|

« 磐田 | Main | 味スタ問題 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/40628509

Listed below are links to weblogs that reference 磐田 0-2 東京 至福 (3月23日):

« 磐田 | Main | 味スタ問題 »