« January 2008 | Main | March 2008 »

February 29, 2008

アニキ

 あんたはやっぱり漢だ。おそれいりやした。といいますか、元気そうで何よりです。(最近南米から遠ざかっているおぢさんより)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 28, 2008

東京 5-0 明大 (練習試合)

 別にこのために会社を休んだのではないのだけれど、このために休んだようになってしまった。小平に行くのは本当に久しぶりだった。練習も含めて生を見るのは今年初めてだし、セレッソ戦のテレビですら見てないので、楽しみでもあったのである。
 最初は浅利・今野・梶山の3ボランチ気味、エメルソンと羽生が縦横無尽に動き、ワントップ平山という感じ。サイドの長友と徳永も積極的に攻撃参加。明大が前からプレスをかけてきたのか、真横、普段と違って同じ高さから見ているからか、全体的にえらくコンパクトに見える。平山・徳永が早々に得点し、GKミスをエメルソンが拾って1本目は3-0。今野がまだ馴染んでいない印象もあった。
 2本目はブルーノをアンカーに置いて、石川・栗澤・大竹が横に並び、ユースケ・赤嶺の2トップのような形。大竹が股抜きシュートを決めてアピールしたが、全体としてはでき悪し。得点こそしたが、ユースケもよくなく、赤嶺も消え気味。
 3本目からいよいよカボレ登場。裏に抜けるスピード、強烈なミドルなど、片鱗は見せたが、日本(又は東京)のサッカーに短期間で慣れるのかどうかは未知数。特に3本目のメンバーは、前に急ぎすぎるサッカーをしていたので、かなりの違和感もあったかもしれない。
 気になったのはCB陣。あまり危険なシーンは少なく、システム的にはアンカーを置いて3バック気味という感じもあるが、川崎のような強力2トップには、かなり酷くやられるような予感もする。でも、今日のメンバーを見ていると、やはり茂庭・藤山なのかとも思った。まあ、高さ、強さ、早さ全てを兼ね備えているCBなんて、そういるものではないが… このサッカーだったら、CB陣もときには前線まで駆け上がり、シュートの1本ぐらいは毎試合打つぐらいの気持ちでいて欲しいものだ。例年よりは怪我人も少なく、順調に来ているのかもしれないが、コンビネーションを考えると、まだまだ時間がかかりそうでもある。いずれにしろ、オリンピック代表が抜ける時期もあるので、それなりの選手層も必要だろうし。非公開の川崎戦で手痛い目に合い、そこから目覚めるということも「あり」なのかもしれない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 25, 2008

28日の有給が取れた

 久しぶりに小平行ってきますです。レポートが開幕後にならないようにするつもり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 24, 2008

セレッソ 0-0 東京 を見損なった

 テレビがあることまでうっかりしていた。
 決定力不足が深刻というよりも、揃って練習する機会が少ないので、チーム熟成までに時間がかかりそうな感じがしますです。最初の2,3節で、勝ちがないと、不安が増幅するかもしれないが、我慢のし所なのだろう。
 トータルとしては、攻撃陣はコンビネーションさえあえば何とかなるし、層も厚くなってきたが、ここにも書いたCBへの不安が解消されていないのでは?
 ばたばたしていて、練習や練習試合も見ていないから情報不足だけれど、チケットも来たし、来週開幕なんだね。

おっと、再来週だった(2/26)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 17, 2008

陳麻婆豆腐 赤坂分店

 ここは辛目の麻婆豆腐の店。山椒ではなく花椒というのが中国流で、この辛味は胡椒にも近く、日本の山椒とは違うようだ。しょっちゅう行くことはないけれど、病み付きになりそう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 13, 2008

メタボ危機

 この方は私より1歳上のようだが、「明日は我が身」という気がしてきた。「運動にアグラをかいたね?」「200mを数本やってみたら?」というのは身につまされました。全く人のことは言えないのだが、元編集部の人も含め、東京ファンは勝っても負けても試合がなくても、体に負担がかかるまで飲んでしまうんだよね。
 いっぽうで、体のための走り込みでシンスプリントになってしまった人もいるようだが、これも私も同じ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 11, 2008

図書館

 三連休だったが、人間ドックや複数の「宿題」のようなものに追われ、辛うじて休日の日課のジョギングを少しする程度で、小平にも行けず。
 「判例時報」で掲載を確認したい事件があり、東京都公立図書館横断検索で所蔵を調べたら、幡ヶ谷の私に手頃で、当該誌を貸し出していないということで、勝手知ったる調布市中央図書館に約5年半ぶりに行ってきた。実は1冊だけ館内で行方不明(誰かが読んでいる最中?)のものがあって、この点だけは何ともならなかったが、ほぼ目的を達することができた。「判例タイムズ」なら、どの号に何が掲載されているのかは、ネットで調べられるのだけれどね…
 自分のためにも、たまには世のため、人のためにも、図書館は積極的・効果的に使わなければ。もっとも、「今の若い人」は、そういう教育をばっちりと受けているのかもしれないね。
 帰りに調布パルコの地下で買い物。ここ数年、ワインや日本酒が充実してきたし、ちょっとしたお遣い物が豊富なことに改めて気づく。本屋もレコード屋も服屋もカバン屋もあるし、ここへ歩いて来られた時代が懐かしくなった。今後も試合後に、たまには寄ることにしたい。

<追記>
 この図書館では、ある時期を過ぎると判例時報の貸し出しをすることが分かった。幸運にも、その号の目次はこのblogに掲載されていたので、他で調べる必要がなくなったのであった。いずれにしろ、たまには図書館、いいものです。できれば図書館の隣に住んで自宅勤務したい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 06, 2008

日本 4-1 タイ (テレビ)

 久しぶりに代表の試合を見た。それもテレビだけど。埼玉は仙台と同じぐらい遠く、料金も大差ないので、前泊しないとなかなか行くことができない(かなり嘘が含まれているが、真実もあるのではないだろうか?)。
 鈴木だけが代替選手がいないような状態だが、そろそろ今野への移行も試さないと、ケガや出場停止のリスクが大きい。身体能力を考えると本戦はあそこは今野でしょう!
 内田を使うのが岡ちゃんらしいけれど、ガチンコ勝負のときもそうするのか? まあ、いつでも加地(徳永)がいるからいいのかな。同点に追いつかれたときは、昔のことが走馬灯のように蘇ってきましたとさ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2008 | Main | March 2008 »