« 28日の有給が取れた | Main | アニキ »

February 28, 2008

東京 5-0 明大 (練習試合)

 別にこのために会社を休んだのではないのだけれど、このために休んだようになってしまった。小平に行くのは本当に久しぶりだった。練習も含めて生を見るのは今年初めてだし、セレッソ戦のテレビですら見てないので、楽しみでもあったのである。
 最初は浅利・今野・梶山の3ボランチ気味、エメルソンと羽生が縦横無尽に動き、ワントップ平山という感じ。サイドの長友と徳永も積極的に攻撃参加。明大が前からプレスをかけてきたのか、真横、普段と違って同じ高さから見ているからか、全体的にえらくコンパクトに見える。平山・徳永が早々に得点し、GKミスをエメルソンが拾って1本目は3-0。今野がまだ馴染んでいない印象もあった。
 2本目はブルーノをアンカーに置いて、石川・栗澤・大竹が横に並び、ユースケ・赤嶺の2トップのような形。大竹が股抜きシュートを決めてアピールしたが、全体としてはでき悪し。得点こそしたが、ユースケもよくなく、赤嶺も消え気味。
 3本目からいよいよカボレ登場。裏に抜けるスピード、強烈なミドルなど、片鱗は見せたが、日本(又は東京)のサッカーに短期間で慣れるのかどうかは未知数。特に3本目のメンバーは、前に急ぎすぎるサッカーをしていたので、かなりの違和感もあったかもしれない。
 気になったのはCB陣。あまり危険なシーンは少なく、システム的にはアンカーを置いて3バック気味という感じもあるが、川崎のような強力2トップには、かなり酷くやられるような予感もする。でも、今日のメンバーを見ていると、やはり茂庭・藤山なのかとも思った。まあ、高さ、強さ、早さ全てを兼ね備えているCBなんて、そういるものではないが… このサッカーだったら、CB陣もときには前線まで駆け上がり、シュートの1本ぐらいは毎試合打つぐらいの気持ちでいて欲しいものだ。例年よりは怪我人も少なく、順調に来ているのかもしれないが、コンビネーションを考えると、まだまだ時間がかかりそうでもある。いずれにしろ、オリンピック代表が抜ける時期もあるので、それなりの選手層も必要だろうし。非公開の川崎戦で手痛い目に合い、そこから目覚めるということも「あり」なのかもしれない。

|

« 28日の有給が取れた | Main | アニキ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/40302972

Listed below are links to weblogs that reference 東京 5-0 明大 (練習試合):

« 28日の有給が取れた | Main | アニキ »