« December 2007 | Main | February 2008 »

January 31, 2008

最近のお気に入り

 川を中心にしたサイト。子供の頃の謎が解けていくような世界で面白い。

世田谷の川 探検隊

加瀬竜哉 no liver, no life

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 27, 2008

日程

 いよいよ発表され、様々なコメントも出ているけれど、私的なメモ程度。
 土曜にちょっとしたボランティア的な(というと多くの人に対して非常に失礼なのだが)仕事を抱え込んでいて、今年はどうなるのかと思っていたが、前半戦、ホームはほぼ大丈夫そうだ。問題は後半戦だが、できればその段階まで、「夢」を持たせて貰い、嬉しい悲鳴を上げていたいところであり、残留争いだけは勘弁である。
 札幌は日曜開催で、厚別なのがちょっと残念だけど、個人的には99年に1-4で「虐殺」されて以来だし、翌日の有給(札幌出張扱いのような仕事はなさそうだから)を確保して、ぜひとも行きたいところだ。あとは新潟・京都・神戸、日曜なら行けそうな名古屋・大阪なんてところをどうしようかという感じだ。J2その他の試合も、もう少しみたいけれど、どうなるのかは不透明。
 まあ、去年ほどチームも、私の観戦状況も酷い年にはならないだろうと楽観しつつも、二人の外国人を待ち望む今日この頃でもある。
 手帳にはキックオフ時刻(例:14)、場所(例:味)、相手(例:宮…大宮。アウェイの場合は書かないのが普通)、ナビスコの場合は「ナ」、ヴェルディ戦のアウェイの場合は「A」というように最小限のメモを書くのだけれど、こう訳分からない名称が増えてくると、スタジアム名は、地名で書くことになるね。
 最後に、平日ホーム19:30開催には、拍手。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 21, 2008

続 行く人、来る人

厳しそうだが成果を出すかもしれない上司よりも、成果は出そうもないけれどいい人を上司に選ぶタイプが、出て行くのだと」「試合数の多い(ACL等)チームに行きたくなるのだろう
 と2つ前に書いたのだけれど、そんなに外れてないだろう、出た人については。 
 あとは移籍金収入を使い、空いた枠にどんな人が入るかだ。カボレが来るとして、もう一人外国人が欲しいところ。その選手は、GK以外全てのポジションをこなす、ユーティリティプレーヤーがいいね。どのポジションにも不安があるもんね。
 まあ、聞いている範囲では、少なくとも昨年より酷くはならないだろう。もっとも、例年今頃は希望に満ち溢れていると言われそうだけれどね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 13, 2008

下痢

 明け方から強烈な下痢に見舞われ、日曜日もやっている医院へ。助かりました。ノロウイルスではないようだが、もう少し弱い種類のもののようで、シプロキサンプリンペラン等を処方される。まだまだげっぷが出るのだけれど、週明けにはよくなっているのでしょう。

<追記>
 そのときうなされていた夢。「試合の当日なんだが、この状況でスタジアムで見ていてトイレは大丈夫なんだろうか?」というもの。「テレビで見ないと危険かも。」とか考えていたのである。超現実的というか、人間小せえというか、そんなところだが、正夢にだけにはならないことを祈る。ちなみに今年からSA指定席をひっそり一人で買った。一人だから荷物を置いてトイレに行くのははばかられるので、どうしたらいいのか、ちょっと不安もあるのである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 10, 2008

行く人、来る人

 まあ、毎年繰り返されているけれど、今年はちょっと大きいかもね。でも、出るほうとしては、ルーカスだって01年にツゥット(レンタルだったけどね)を強奪されたときほどのインパクトはない。加地のことだってあったから、免疫もできている。
 今年は、厳しそうだが成果を出すかもしれない上司よりも、成果は出そうもないけれどいい人を上司に選ぶタイプが、出て行くのだと思うことにする。また、選手の立場から見れば、前年よりも1分でも多く試合に出たいと思うだろうから、試合数の多い(ACL等)チームに行きたくなるのだろう。もっとも、ナビスコや天皇杯で頑張ったり、代表に選ばれたりすれば、99年のJ2のときみたいに分母となる試合数は多くできるのである。
 さて、入ってくる人はどうなのかよく分からないけれど、昨年の阿部は、間違いなく浦和に行って正解だったと認めざるを得ないし、1年で退団した福西のことも思うと悔しいところである。また、CBの佐原・ブルーノには不安を感じており、今年こそは吉本の飛躍的な成長を夢見たいもの。しかし、攻撃陣はユースケの復帰もあり(平山との2トップは見ものかも)、FWでも攻撃的な中盤でもいいから、いいブラジル人が一人来れば、前年上位チームのACL等のスタミナ切れにも乗じて、そこそこのところまでは行けるだろう。長友がどこまでやれるのかにも期待だね。さらに、今年は厳しい規律を求めるので、怪我人も減るだろう。
 と書いてきたら、何だか昔の"TO*SCA"の能天気なおっさんのキャラクターが、戻ってきてしまったかのようである。あれはかなり無理をしていて、全く地ではなかったはずなのだが…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 06, 2008

冬休み

 今日まで9連休。天皇杯・箱根駅伝・高校サッカー・ラグビー(慶応vs明治)なんてところを、いずれもテレビで断片的に見た。中継がうるさいのに閉口するものもあった。
 天皇杯は、鹿島の、「あれを最後に」と長くいわれそうなタイトルか? どちらが勝ってもゼロックスカップは鹿島と広島戦だったようで、悪いけれどちょっと盛り上がりを欠くような気がする。
 つぎに、1kmを3分で走るのが駅伝の選手で、私でも約5分だが、普通に徒歩だと15分だから、残りわずかでも、歩くわけにはいかないのだろうね。
 また、元都立高校生としては、そりゃあ三鷹だったけれど、都立ということをあんなに強調されてもねぇ…
 そして、ラグビーは、反則が多かったけれど、FWが耐えた慶応という感じ。明治はいつも力があるけれど、守備にもろいところがあるというのは勝手な先入観だろうか?

 さて、正月は昼から飲み食いという日が多く、体重も増えてきたので、少しジョギングも。ちょっと前に買ったAsicsのXTW525(上着)と625(下)を着て、気合を入れる。

 てな感じだったが、明日からの「社会復帰」は可能なのだろうか?

<成城学園前駅西口からの富士山>
 これは改札外からだが、改札内からも何とか見える。なかなかいい眺めだ
 080106fuji_2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 05, 2008

いか天

 今年は平成も20年ということで、平成元年に始まった「いかすバンド天国」の記念番組が昨年末にあり、録画しておいて後で見た。
 ちょうどあの番組があった頃、転勤していた大阪から戻ってきて、この番組を見て、「やっぱり東京はいいなあ。」と思ったのである。創ることの喜びを思い出させてくれる、ある意味テレビと対極にあるような番組だった。あの番組で人生が変わった人が結構いると思うけれど、当時30になりかけていた私も影響がなかったとは思えない、そんな番組だった。
 さて、かつて、その週のトップだったがキングになり損なった(武道館のスペシャル番組には出たと思う)、「いいなあ」と思ったバンドがあったのだが、この日も出てこなかったようで、曲名も含めて未だ思い出せないでいる。思い出したら書こうと思うけど、今いずこだね?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 01, 2008

謹賀新年

 今年は、在住のマンション最上階からの富士山の眺めも、ちょっと曇り気味かな? 

080101fuji

 正月休みの間に、このサイトで見た成城学園前駅西口からの眺めというのは、ぜひ見てみたいものだと思っている。時間帯と天気がいいことを祈りつつ… 
 ということで、4度目の年男という状況ですが、皆さん、今年もよろしくです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« December 2007 | Main | February 2008 »