« ナビスコと天皇杯 | Main | ハラたつ無責任 »

November 04, 2007

東京 2-1 TDK 個々の寄せ集め

 例年のことはよく覚えていないけれど、天皇杯の初戦はいつもこんな静かな雰囲気。前節ホームでの大敗の影響で、ミスにはブーイングや、分けの分からん野次も。実際、徳永・藤山・金沢の軽率なプレーが目についた。もっとも、バックパスでいちいちイラつく必要もない。そういう私も、せっかく石川がキープして前にボールを出したのに、何も考えてないようなポジション取りで、オフサイドとなったノリオに「バカ!」とメイン(ふだんと違うところで見た)で大声出してしまった。すみません。でも、何度もオフサイドを取られた上に、あまりに何も考えてなさそうなプレーが、あまりにバカっぽくて腹が立ったので… そんな感じで、つまらない前半が0-0で終わり、ブーイング。 
 後半、ノリオのコーナーキックを茂庭がヘッドで折り返し、平山が頭で決めて先制するも、直後に金沢に変わって左サイドバックに入っていたノリオの軽率な守備からピンチを招き、茂庭がクリアしたが、ミスとなって敵に渡ってそこから回され、最後は元東京の松田に決められ同点に(11/5修正・訂正)。その後、平山が二度ネットを揺らすも、オフサイドの判定で、「残業か!?」と思った82分にセットプレーから今野がヘッドで何とか勝ち越すことができた。その後、活躍していた石川を守備を固めるために川口に交代して、何とか逃げ切る。まあ、今後につながるものは何もなかった。
 サッカーというのはチームゲームであり、個々を活かすにしても、得意な場を作り出す周囲の動きがなければ、相手の守備の術中にはまる。個々能力の足し算では上でも、お互いが個を活かすことができなければ、ちゃんとチームになっている「格下」には苦労して、こんなダメな試合になるのである。個々の選手の能力がかつてよりも上がっているだけに、つまらないものを見せられ続けているというのが、ここ数年の感想である。補強の問題以上にチーム戦術の問題だ。
 さて、驚いたことに、次は新潟ではなく、J2の鳥栖が相手である。侮ってはいけないけれど、久しぶりの準々決勝進出のチャンスでもある。逆にリーグ戦では、次の新潟戦は苦戦するだろうし、またその次のガンバ戦は勝って浦和の「アシスト」をする可能性もわずかにあるけれど、チームとしての差を見せつけられ、大敗するのではないかと思う。まあ、いずれにしろ、リーグ戦では、今年で膿を出し切って、天皇杯では来季の所属有無が決まっている中で健闘し、来年は残った全員が別人のように生まれ変わって迎えるしかないのだと思う。

|

« ナビスコと天皇杯 | Main | ハラたつ無責任 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/16976971

Listed below are links to weblogs that reference 東京 2-1 TDK 個々の寄せ集め:

« ナビスコと天皇杯 | Main | ハラたつ無責任 »