« カゼひいた | Main | 歴史は繰り返す »

November 18, 2007

東京 1-1 G大阪 10人の目覚め

 この日のガンバは眠っていた。最初から東京が中盤を支配。半ば頃から少し盛り返して来たけれど、ガンバにチャンスはなかった。ところが前半終了間際、金沢がサイドでボールを奪われたところから展開され、茂庭(?)がマグノアウベスにつめ切れずにシュートを決められる。一瞬のスキをつかれ、決定力を見せつけられる失点。これが試合巧者なのか? そんな感じだった。
 東京は後半途中から馬場を投入し、攻撃にリズムが出てくる。更には池上に代えて梶山。しかし、中盤でボールを奪われ、茂庭がバレー(?)と普通に一対一と思ったら、赤が出ていた。よく分からん。
 前半に今野も黄色をもらって次が出場停止。一貫性のない扇谷というのは全く迷惑な野郎である。でも、これで東京の選手に火がついた。ガンバに負けるのではなくこの主審には負けたくないかのように。梶山・馬場が攻撃にアクセントをつけ、徳永も攻撃に参加していく。全体としてはぎこちなさもあるのだけれど、点を取るのだという強い意志が見えてきた。ガンバは足が止まり、チャンスを作れない。そして、79分、あの小さな栗澤がヘッドで競り勝って落としたボールを、ルーカスが左上隅に決めた。同点である。スタジアムのムードは激変。
 ガンバは播戸を投入するが、ボールがほとんどそこまで行かず、塩田のスーパーセーブもあってそのまま1-1で終了。
 主審がゲームを壊しかけたが、終わってみればガンバに取っては手痛い勝ち点2のマイナスなのであった。東京にとっても、馬場、今野がペナルティエリアで倒されたのをシカトしやがる扇谷は、まさにガンバの12番目の選手であり、昨年の清水のアウェイ同様、本当に不愉快なものを見せられたのであった。
 まあ、これも来季に向けたプレシーズンマッチのようなものなんだろう。次は今野・茂庭の控えのテストだ。おもしれーじゃねーか!?

|

« カゼひいた | Main | 歴史は繰り返す »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/17112419

Listed below are links to weblogs that reference 東京 1-1 G大阪 10人の目覚め:

« カゼひいた | Main | 歴史は繰り返す »