« 世界遺産の宝庫 中南米三大文明「インカ・マヤ・アステカ」展 | Main | エルサルバドル、中米一の経済・インフラが振興、新鮮さ売りに需要喚起へ »

September 23, 2007

東京 2-0 清水 棚からぼたもち

 本日は「フードコート」開催ということだったが、結構な列ができていたので、買うことはなかった。それでも、現状ではスタジアム内ではビール以外の食物は買わないことにしたので、このように、スタジアム内の売店に脅威となるような企画は大いに歓迎・支援したいところである。まあ、一人で不買運動しても効果はないけれど、同様に考える人は決して少なくないと思っている。
 さて、試合は清水が押し気味だったが、東京も最後のところで塩田が踏ん張り、ときどきカウンターといった展開。そんな中、石川のクロスを、高木和道がヘッドできっちりゴールに沈めて先制。点の匂いがしない状況で、貴重なオウンゴールであった。棚ボタである。
 その直後に福西が見事なボール扱いで突進し、浮き玉のパスを受けた赤嶺が、ショートバウンドのタイミングで蹴りこんで加点。これは効いたと思う。
 後半、清水は戸田を投入し、常人ではとても追いつけないようなパスに追いつくこと約2回(一度は藤山がそこまで予測してカバーリングしていた)、守備ではやはり裏を狙われイエローカード、と見せ場を作ってくれるうちに、何となく時間を経過して逃げ切ることができたような感じであった。塩田は広い守備範囲と確実なキャッチングで、遅延行為のイエローをもらいながらも守備陣に安定感をもたらした。茂庭もよくなってきたし、金沢が素晴らしい。そして、石川も攻守に奮闘し、完全に燃料切れした栗澤をノリオに交代したのも、的確なタイミングではなかったかと思う。伊野波にはあまりいいところがなかったが、平山はあんなものだろう。
 そうそう、金曜日には9年ソシオのミーティングに出席した。何はともあれ経営情報の公開を進めること、毎年の反省も公表することが重要で、そしてそろそろ次代の経営者を育てることも必要だと思ったのである。例によって旧交を温めることができたのだが、半分はそんなことを期待して出て行ったのかもしれない。来年がいい10年目となるためには、どうしたらいいんだろうね。来年と5年後ぐらいの目標も公表したほうがいいんだろうかね?

|

« 世界遺産の宝庫 中南米三大文明「インカ・マヤ・アステカ」展 | Main | エルサルバドル、中米一の経済・インフラが振興、新鮮さ売りに需要喚起へ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/16545581

Listed below are links to weblogs that reference 東京 2-0 清水 棚からぼたもち:

« 世界遺産の宝庫 中南米三大文明「インカ・マヤ・アステカ」展 | Main | エルサルバドル、中米一の経済・インフラが振興、新鮮さ売りに需要喚起へ »