« 徒然 | Main | 東京 2-4(Ttl.3-4) マリノス 戦い方を間違えた? (7月14日) »

July 09, 2007

横浜FM 0-1 東京 今日もノリオ(7月8日)

 ホームアンドアウェイで、アウェイゴールのルールがあるカップ戦というのは、ついつい、「次の得点でどうなる」ということばかり考えてしまう。1点リードしたということは、次に引き分け以上であればいい訳で、1点差の場合0-1なら互角だが、1-2ならダメということである。このあたり、選手はどうなんだろうか?
 さて、試合、お互いに相手のよさを消すが如く始まり、東京もリチェーリ・ノリオが積極的に行くことで、マリノスの小宮山や田中隼の上がりを許さない。そして、お互いに攻撃は今一つで、シュートが少ない試合となった。茂庭のできはまあまあで、浅利はカバーリングに出色のでき。
 そして後半、福西とルーカスでキープしたボールが左サイドに出て、駆け上がってきたノリオが左を一振り。清水戦と同じような形で、あっけなく決まった。マリノスはマルケスを投入してきて、これが結構脅威となっていたが、その後、審判がナーバスになったこともあって試合がやや荒れ気味となり、福西はイエローにふて腐れる。それからは金沢と交代した長友の初々しいプレーや、梶山と交代した馬場の老獪な時間稼ぎなどが見所となった。最後に河合の退場を呼んだのは、福西あたりのプレーだったのかもしれない。2枚目のイエローにつながる河合のプレーは分からなかったけれど、試合の流れからいえば、別に出さなくてもいいのに、審判がヒステリックになっていると思ったのである。いや、ひょっとしたら出さざるを得ないプレーだったのかもしれないけれど…
 さて、長友が出てきたのはよかったと思うのだが、赤嶺が好調であるとしても、それでも平山をベンチに入れて欲しかった、使えるときがあれば、彼は5分でも使えと思っているのである。もっとも、練習試合やサテライトでもっと結果を出さないといけないのだろう。何だか「忘れられた存在」になってしまったようである。
 さて、代表のカタール戦をテレビで見終わってからこれを書いているのだが、代表の試合は、芝が深く、高温多湿だったせいか、昨日の試合よりもスピード感がなく感じられた。あの左サイドにノリオをはめ込んで、左足を振り抜かせたら… とちょっと妄想してしまったのである。
 

|

« 徒然 | Main | 東京 2-4(Ttl.3-4) マリノス 戦い方を間違えた? (7月14日) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/15707575

Listed below are links to weblogs that reference 横浜FM 0-1 東京 今日もノリオ(7月8日):

« 徒然 | Main | 東京 2-4(Ttl.3-4) マリノス 戦い方を間違えた? (7月14日) »