« 横浜FM 0-1 東京 値千金 | Main | アマラオ »

May 24, 2007

横浜FC 1-2 東京 仕事よりも!(5月23日)

 私の職場は人形町のはずれ。定時の5時半に会社を出て、浅草線の人形町駅から、京急経由で三ツ沢へ向かう。横浜駅には順調に6時半過ぎに着き、競技場直行のバスに乗ったが、酷い渋滞で、着いたらキックオフギリギリだった。「試合のあるときぐらい、通行制限しろ、(東京J1初戦でブーイングされた)アホ市長!」と暴言を吐きたいところだが、このあたりは坂も多く、車がないと生活できないど田舎なのだろう。おまけにこのバスにはPASMOが使えない。運転手さんは、可愛らしい制帽を被った10代のような声の女性だった(以下略)。
 入り口でホーム側の自由席を買っていたことを指摘されたが、スタッフの許可により事なきを得る。前回の酷い敗戦を覚えていたので、ネガティブさも残るが、赤嶺や茂庭が登場した。茂庭は自信なさげなプレーが残念だった。後半はときおり鋭いカバーリングを見せていたようだが、ちょっと遠かったのでよく分からなかった。平本の切り返しで引き離され、スルーパスに土肥が突っ込んだが、ファウルを取られてPK。見る限りは同時のタッチのような感じで、PKはないだろうと思ったが、これをアドリアーノに決められてしまった。勝たないと始まらないので、ネガティブな感じが溜まって来たが、直後に赤嶺が決めてくれたので、すぐにニュートラル以上の状態に戻ることができた。遠目には、赤嶺が相手GK菅野より一瞬先にボールに触れるような感じに見えた。このまま前半終了。
 後半はルーカス・梶山を投入して攻勢に出、なかなか点が取れなかったが、ついにルーカスが落としたボールを赤嶺が決めて逆転。その後チャンスもピンチもあったが、終了間際に投入されたカズが、弾丸シュートをヘッドでクリアしてくれる(?)幸運もあり、最後は浅利を投入して逃げ切る。馬場かノリオをもっと早い時間で投入して、追加点を匂わせてもいいと思ったが、最も安全な策を考えたのだろう。まあ、勝てば官軍、トップ通過は磐田様々、仕事よりも東京ということである。
 帰りも、横浜駅構内や地下街の店は9時で軒並み閉店、「どんなど田舎や!」と悪態をつきたくなるのを我慢しながら、ラーメン食って、東横線より高価だが、トイレ付の湘南新宿ラインで東京へ戻ったのである。
 残念ながら、次の名古屋戦ホームゲームに行けないのである。監督によれば、「使える選手」が増えたということだと思うが、ヨンセン対策は?

|

« 横浜FM 0-1 東京 値千金 | Main | アマラオ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/15188447

Listed below are links to weblogs that reference 横浜FC 1-2 東京 仕事よりも!(5月23日):

« 横浜FM 0-1 東京 値千金 | Main | アマラオ »