« 東京 0-1 横浜FC ただ、哀しいだけ | Main | ヒートウエイヴ、廃盤も含めてi-pod用にアップできず(判決出る) »

May 13, 2007

東京 4-1 千葉 意外な展開(5月12日)

 5月12日は石川ナオの誕生日として知られているが、本日のトーチューによればルーカスの妻のルシア夫人、そして相撲の高見盛のそれでもある。さらに、何を隠そう、この不遜の私のそれでもあったのだ。ちなみに、その回数を尋ねることは、粋なことではなく、むしろ礼儀作法に反するとされる。(翻訳調)
 さて、誕生日にク○ゲーム見させられるのはたまらない、東京が負けて大宮が勝てば17位で入れ替え戦圏内から自動降格圏内に入り、昼の試合で横浜FCも勝つなど、よくない状況は満載。せめて分けてくれないかなあと思いながらスタジアムに向かった。とはいえ現在、土曜の12:50~14:20までちょっとした副業が入っているので、久しぶりに味の素スタジアムで、ちゃんと試合が見られるのである。
 さて、東京は最初から前からのプレスをかけ、ときおり千葉がそれをすり抜けるという展開になったが、双方、自分のサッカーにこだわり、相手のよいところを消すという点はあまり考えていないようだった。一進一退を続ける中、0-0の引分けというのが、この試合の結果なのではないかと思っていたところ、左サイドから中へドリブルしながらシュートコースを探したルーカスが右足を一閃し、ボールは右上スミに吸い込まれた。何年か前の大逆転名古屋戦を思い出させるスーパーゴールで先制。前半終了間際には藤山のインターセプト後の不用意なパスミスからピンチを招いたが、何とか切り抜ける。
 後半は、始まったばかりのところで、リチェーリが相手右CB池田からボールをかっさらってワンチョペへ。簡単そうでよく外すGKとの一対一を巧みに決めて2点目。直後にはリチェーリ自身のプレスで、GKのクリアを押し込み、最後はオウンゴールで4点目。1点を返され、金沢・栗澤・浅利という守備的な交代をして乗り切った。千葉は、山岸が川口のアフターファウル気味のタックルで負傷交代したのが痛かった。そして、早い段階で交代枠を使い果たしたのも痛かったのだろう。
 試合展開も意外だったが、他に意外だった点。ノリオがちゃんと守備していたところ。ワンチョペのパスセンス。梶山が走りまくり、巻を削っていたところ。千葉のGK立石の守備範囲の広さ。千葉からすると、謎の外国人、リチェーリにやられてしまったという感じなのだろう。采配も1点差試合のようで、守備的な交代選手にも意外性があった。むしろ平山・馬場・茂庭が投入されることを期待していたが、そういう人は今日江戸川へ行けということなのかもしれない(断念)。それと、意外といえば、八田というのはこの選手だったのか!?
 さて、残留に向けては半歩前進したが、この試合だけでは何ともいえないだろう。大事なのはここから。むしろ、ナビスコ横浜FC戦が重要なのかもしれない。

|

« 東京 0-1 横浜FC ただ、哀しいだけ | Main | ヒートウエイヴ、廃盤も含めてi-pod用にアップできず(判決出る) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/15052530

Listed below are links to weblogs that reference 東京 4-1 千葉 意外な展開(5月12日):

« 東京 0-1 横浜FC ただ、哀しいだけ | Main | ヒートウエイヴ、廃盤も含めてi-pod用にアップできず(判決出る) »