« 平山を守れ! | Main | 大分 0-1 東京 MX様々 »

April 01, 2007

柏 2-0 東京 チーム作りの差

 あれだけのメンバーで、問題意識を感じながらやっていて、シュート6本で終わるのは、選手だけの責任ではないだろう。確かに石川の不出来、奮闘していた栗澤に代ったのが試合を作れる馬場ではなく川口だったというのには、ひどくげんなりしたけれど、それでもあそこまでチームとして機能しないというのはよく分からない。
 残留ではなく上位を狙うとなれば、戦術に選手をあてはめ、控えになれば力が落ちるチームを目指すことはないだろう。むしろ、戦術はあっても、選手によって変ってくる部分があり、いろいろなパターンがあるチームのはずだ。そうなると、コンビネーションの熟成に時間がかかるということもあるのだろう。でも、現状を見ていると、時間をかければうまく行くと楽観もし難いし、今後も含めて効果のあるバリエーションが増えるという点にも疑問を感じる。早期のトップ会談も要るのかもしれない。
 守備陣についてはエバウドが帰ってきてなじむのか、茂庭の復帰はいつなのか、何で金沢を使わないのか(体調? でも、彼の代役が本当にノリオなのか)、八田は増嶋以下なのかといった問題もあるが、何とかやりくりをしているといえないこともない。でも、問題はゴールの匂いが全くしないことなのである。少なくとも今年の初期のチーム作りには失敗したといえる。
 不出来は石川以外にパスミスの多かった伊野波や、なぜか消えてる今野、ノリオなんて人々もいたが、藤山・徳永・栗澤あたりはそれなりの奮闘をしているのであった。当面、勝ち点は「1でもいいから拾うもの」であり、一人ずつ奮闘できる人が増えてくることを祈るしかないのだろう。

|

« 平山を守れ! | Main | 大分 0-1 東京 MX様々 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/14478655

Listed below are links to weblogs that reference 柏 2-0 東京 チーム作りの差:

« 平山を守れ! | Main | 大分 0-1 東京 MX様々 »