« 東京 1-0 横浜FC まだ始まっていない(4月21日) | Main | 「あり得ない!」がある »

April 22, 2007

東京 2-0 山形 (サテライト) 

 選手入場と同時にスタジアムに入った。芝は悪いがメンバーは豪華。スタメンのうち半数に、オリンピック代表3人と茂庭とブラジル人が2人が含まれているからである。
 でも、前半は0-0で見所少なかった。後半、相手のGKが交代したが、それで初めて遠藤大志が出ていたことを知る。前田和也が出ていたのを知ったのは終了後だった。スタメン発表の時までに行くんだったな。
 後半開始直後に、赤嶺からのクロスに平山が頭で合わせて得点し、後半の半ば頃にもコーナーキックをエバウドがヘッドで合わせ、ゴールライン上でクリアしたボールを森村がキープして、DFとGKを落ち着いてかわして加点。
 茂庭はピンチも一度ぐらいで、まあ無難に。エバウドは元気だった。特筆すべきは右サイドバックの小山で、鋭い上がりを繰り返していた。まだまだ通用しない点もあるとは思うけれど、ナビスコあたりでデビューさせるかもしれない勢い。GK阿部も無難。そして、サテライトともなると、梶山(キャプテンマーク)のキープ力は際立ち、ガーロでさえも彼の起用にこだわった理由が分かったような気がした。強風でパスが流れる中、リチェーリはドリブル突破を繰り返したがやや空回り。平山・伊野波は流している印象。赤嶺も後半は貢献。

|

« 東京 1-0 横浜FC まだ始まっていない(4月21日) | Main | 「あり得ない!」がある »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/14811215

Listed below are links to weblogs that reference 東京 2-0 山形 (サテライト) :

« 東京 1-0 横浜FC まだ始まっていない(4月21日) | Main | 「あり得ない!」がある »