« 東京 1-3 新潟 私ら厄病神なんですかね? | Main | 大分 0-0 東京 見てない厄病神のつぶやき »

April 14, 2007

東京 2-1 磐田(4月11日)疫病神のつぶやき

 MXの録画で見た。
 この試合は浅利と馬場が期待に応えていいプレーを見せたが、残念ながらワンチョペや平山の登場機会はなかった。馬場は起用して当然というでき。徳永・金沢・栗澤・ルーカスもよかった。でも、交代選手がもう少し特徴を出すべき。
 これで東京はナビスコも含めてホーム1勝4敗、アウェイ2勝1分1敗ということになったが、私が現場で見た試合はホーム4敗、アウェイ1敗なのである。全く困ったものである。明日の大分アウェイは欠場するので、勝てるかもしれない。もっとも、ファン如きがどんなにゲンをかついでも、勝てないときには勝てないということは、99年の後半戦で嫌というほど経験した。当時はヒゲを剃らなかったり、靴や服装やマフラーの結び方や交通機関や座席を変えたり、実にいろいろなことをしたけれど、全くダメ。これは当時の勝敗の記録を見ただけでも想像できるのではないかと思うほどである。
 いずれにしろ、ここ数試合で程度勝ち点を稼いで上位と引き離されないようにし、いっぽうで今後の上位との対決に備えた試合内容をも、求めていかなければならないのである。ちなみに、オリンピック代表が欠場する中、赤嶺を求める声が多いようだが、それには賛成である。
 ところで、最近思うことは、CBがときどきSBと入れ替わり、攻撃参加をするというのが「あり」ではないかということである。個人的には草サッカーではずっとSBをやっていたが、たまたまCBをやったときに、草とはいえ運動量の違いに驚いた。だから、徳永と伊野波とが、一方は残って休み、体力を回復したもう一方が、かわりばんこに攻撃参加する「二段サイドバック」というのも、相手の中盤のサイドの選手には脅威かもしれない。うまくいけば「セクシーフットボール」だが、「リスキーフットボール」でもあるかもね。

|

« 東京 1-3 新潟 私ら厄病神なんですかね? | Main | 大分 0-0 東京 見てない厄病神のつぶやき »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/14677178

Listed below are links to weblogs that reference 東京 2-1 磐田(4月11日)疫病神のつぶやき:

« 東京 1-3 新潟 私ら厄病神なんですかね? | Main | 大分 0-0 東京 見てない厄病神のつぶやき »