« 年末 | Main | ワールドカップ雑感その29 »

January 01, 2007

謹賀新年 浦和 1-0 G大阪(テレビ) 次の時代へ

 謹賀新年
 健康に留意していけば、去年よりはきっといい年になると確信。そのためには、事前の注意を払うことだろう。今年もよろしく。

 さて、天皇杯の決勝。浦和は特に守備陣に主力を欠いた中で、ガンバが細貝を狙ったと思うけれど、何とか耐えた。いっぽうガンバは遠藤のキックや、マグノアウベスがいま一つのできだったかもしれない。内容的には3-1ぐらいでガンバの試合だったと思うけれど、決めるべきときを決めきれないとこういう結果になるのは、よくあることである。そして、交代枠を一つも使わずに試合を終えたのは、何かの意地だったかもしれないけれど、トーナメント勝負だったということを考えると、意味がなかった。シジクレイを痛みかけた實好と交代してもよかっただろうし、突破を試みてもあまり効果的でなかった家長を代える手もあったように思う。橋本・寺田・前田あたりもベンチにいたのだから。もっとも、茶を飲みながら、のんびりとテレビで見ていた感想程度である。
 さて06年は浦和の年だったことは残念ながら否定できないが、アレックスが抜け、阿部が入るかどうかは分からないけれど、資金力もあるし、それなりの補強もして来るだろう。で、ここから浦和の時代となるかといえば、そんなことはないだろう。次の時代が始まる前の一つの頂点だったということで(根拠はまだない)。

|

« 年末 | Main | ワールドカップ雑感その29 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/13295184

Listed below are links to weblogs that reference 謹賀新年 浦和 1-0 G大阪(テレビ) 次の時代へ:

» サッカーとはかく残酷なもの 〜浦和が天皇杯2連覇! [被奪取率No.1]
浦和 1−0 G大阪 僕はスコアは4−2と大胆な予想としてたんですが、全く当たりませんでした。ここ最近の浦和の試合振りからしても失点は免れないだろうなとは多くの方が予想してたと思いますが、まさか内館・ネネ・細貝の3人がG大阪を零封するとは・・・(←失礼...... [Read More]

Tracked on January 01, 2007 at 07:00 PM

« 年末 | Main | ワールドカップ雑感その29 »