« ソフトバンク携帯広告、KDDIが公取委に調査求める | Main | 「上には上」の続報 »

November 05, 2006

東京 7-0 バンディオンセ神戸 頑張れ阿部ちゃん

 元徳島の古田・鎌田、鳥栖の山道、横浜FCの石田、G大阪の森岡、神戸(V)の和多田、アルテ高崎の深田・森、元どっかの川崎元気など、一度見たか見なかったかという選手がたくさんいたが、申し訳ないけれど、「旬」を過ぎた人も多かったのか、予想通りの和多田のロングスロー以上のインパクトはなかった。こういうときは、阿部の突破や藤山のひょこひょこドリブルが効果的だったり、梶山のキラーパスが裏目に出たりするのである。仮の話だが、浅利が中盤で君臨しそうな雰囲気でもあった。それでも今野は「ボール奪取マシーン」の如く機能しまくりだった。
 さて、コーナーキックから増嶋のヘッドで先制したが、その前に阿部のオーバーヘッドが外れたり、川口は決定力が戸田以下であることを見せつけるなど、ルーカスの2点目が決まるまでは結構嫌な展開だった。DF陣もパスミスが多く、決してほめられた内容ではない。天皇杯の初戦はやっぱり難しい。それでも阿部の突破から馬場が決めて前半を3-0で折り返す。
 後半も川口が決定機を阻まれるも、馬場と交代出場のノリオがきっちり決めると、あとは阿部にボールを集めたが、ついに決めることはできなかった。馬場がよかったのに比べると梶山・徳永あたりにミスが多かったが、梶山と交代した宮沢が試合を締めた。
 GKの塩田はいいできだったが、試合終了間際に一度負傷した。3人交代後だったので、仮に「×」だったら誰がGKやるのか、夢想した。阿部かなと思った。平山がフィールドに出ていれば、翌日の「一面」取りとともに「当選確実」とか、アホなことを妄想していたのだけれど…

|

« ソフトバンク携帯広告、KDDIが公取委に調査求める | Main | 「上には上」の続報 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/12564518

Listed below are links to weblogs that reference 東京 7-0 バンディオンセ神戸 頑張れ阿部ちゃん:

« ソフトバンク携帯広告、KDDIが公取委に調査求める | Main | 「上には上」の続報 »