« 「上には上」の続報 | Main | これから »

November 12, 2006

東京 5-4 川崎 こっちが12人だった? (11月11日)

 試合は土肥のチョンボで始まった。中途半端なパンチングかキャッチミスみたいな感じで、谷口に押し込まれる。直後にルーカスがコーナーキックのこぼれ玉を押し込んで同点としたが、そのわすか3分後にスローインからのボールをゴールラインから折り返され、我那覇に決められてしまった。スローインはオフサイドがないのだから、遅れた選手(伊野波? 梶山だった。11/16訂正)のミスだと思う。いっぽう、石川がマルコン(? 伊藤とマルコンだった。11/16訂正)に2回も倒されたときには、どちらにもカードが出なかったのは不思議で、やっぱ相性が悪い審判だと思っていた。ところが、このあたりから、川崎は元鹿島の関塚監督仕込みの「倒れたら、ボールが外に出されるまで起きないプレー」を繰り返し始める。まずはジュニーニョだった。そこで出たのがゴール裏からの6年ぶりの「カワサキウ~ンコターレー」コール。その昔、川崎ファンの大いなる怒りを買っていたコールであることは、現場でよく見て知っているが、これしかないという絶妙のタイミングで、「ゴール裏は死なず」と思ったほどだ。
 主審についてはここにも書いた。まあ、典型的な「高校体育教師」なんだろう。どうもこれでスイッチがリバースに入ったようだった。まずはジュニーニョにイエローを出す(注:その後のチャンスにボールのないところで伊野波を倒したプレーに対し。11/16訂正)。その後のマルコンの削りにもようやくイエロー。
 でも、さらに終了間際に、またもゴールライン付近からの折り返しをジュニーニョに豪快にボレーで決められる。これも増嶋の寄せが今一歩だったのではないかと思う。さらに、後半開始直後には藤山がマギヌンにちぎられて失点。1-4になってしまった。直後のフリーキックで川崎側の守備陣形が整わないうちに、馬場が戸田に出して今期初得点を演出。まだまだ追いつけるとは思っていなかったが、このまた直後にジュニーニョがシュミレーションで2枚目を献上して相手は10人。これで少し希望が見えてきた。東京はノリオを石川と交代して攻勢を強める。川崎はイエローのマギヌン(前目のMF)を佐原(DF)に交代して守勢にまわる。数的優位な東京は宮沢を梶山、平山を戸田に代えて投入して更に攻勢を強める。川崎は足のつった我那覇を鄭に交代した後、伊藤が倒れてタンカを呼び、露骨に休養と時間稼ぎを図り、ここで我々バックスタンドまで巻き込んでの例のコール。そして、ついに83分、平山のヘッドが決まって1点差。さらにその直後のプレーの影響が大きかった。徳永のハンドに対するフリーキックのとき、マルコンが遅延行為で川崎は9人に。
 ロスタイムは6分。主審は川崎の時間稼ぎの際にこまめに時計を止めていたのだろう。まずは宮沢が今期初得点をヘッドで決めて同点。これで選手3人がゴール裏で歓喜。でも、これで試合は終わらなかった。左サイドからの今野のミドルが、川崎の2選手をすり抜け、決まってしまったのである。
 驚きの「味の素劇場」は、主演が奥谷主審という、後味の悪い試合でもあったが、東京の選手たちは京都での教訓(上とおなじリンク)なども踏まえ、審判の特徴をつかんで助演し、川崎の選手はこの点に気がつかなかったのだろう。ただ、失点は全て守備陣のミスによるものだと思う。現在、守備の控え選手もいないようだが、ここは精進してもらいたいものだ。正直なところ、これでワシントンを押えられるとは思えない。
 帰り道、やっぱり子供が例のコールをしていた。教育上よろしくありませんことこの上ありませんが、スタジアムは無菌室ではないざあますということで。
 なお、記事に無関係のトラックバックは、ばっさり削除することにしました。

|

« 「上には上」の続報 | Main | これから »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/12652866

Listed below are links to weblogs that reference 東京 5-4 川崎 こっちが12人だった? (11月11日):

« 「上には上」の続報 | Main | これから »