« 食い物のことで悩んだら… | Main | 広島 5-2 東京 チーム作りはこれからか(10月15日) »

October 14, 2006

ワールドカップ雑感その26ほか

 イングランド 2-0 トリニダード・トバゴ
 今頃になって見たわけだが、結果を詳しく覚えてないと結構面白いものである。
 前半は0-0。後半もトリニダード・トバゴのゲームプランで進む。イングランドはチャンスをつまむが、もう一つのところで点が取れない。4バックというよりも2バック気味だが、その右サイドバックの位置にベッカムが下がる。これで彼へのマークが甘くなり、残り5分近くでベッカムからのクロスをクラウチがヘッドで決める。ロスタイムにはジェラードがミドルシュートを決めて勝利。イングランドはランバードとジェラードは「ダブルボランチ」ではなくてセンターハーフという感じだが、素晴らしい。あのポジションで4番というと、ミランのアルベルティーニを思い出すが、ブラジルだったら5番なんだろう。
 なお、上川主審はやればできるのだから、Jでもこういうふうにボールの近くで判定するようにしてもらいたいと思った。
 日本はインドに勝った試合は、後半だけ見たので結構閉塞感を感じたが、乱入した犬には笑わせてもらった。東京も終了間際に1点勝っててヘトヘトだったら犬でも放つかね?
 Jはガンバが引分け川崎は勝ったものの、何だか浦和が抜けて行きそうで嫌な感じ。それにしても、2000年から2002年頃の状況から考えると、浦和や川崎にはチーム力的にはすっかり逆転されてしまったのだね。今年のアウェイは大宮戦ぐらいしか行けそうもないが、天皇杯は全て行きたいと思っている。

|

« 食い物のことで悩んだら… | Main | 広島 5-2 東京 チーム作りはこれからか(10月15日) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/12284582

Listed below are links to weblogs that reference ワールドカップ雑感その26ほか:

« 食い物のことで悩んだら… | Main | 広島 5-2 東京 チーム作りはこれからか(10月15日) »