« まだ読みかけのマイブームたち | Main | 洗濯機の修理に失敗 »

October 01, 2006

東京 1-4 新潟 国産・惨敗、これが「底」だと祈るのみ(9月30日)、救いは台湾料理

 To*sca配布日。電車に眼鏡ケースを忘れ、嫌な予感。
 試合は土肥→平山→戸田、こぼれ玉を川口ということであっさり先制したのだが、すぐに追いつかれて逆転される。守から攻への切り替えが遅いのは、ある意味個の寄せ集めであって、チームとはいえない状態なのだから仕方がないが、攻から守への切り替えの遅さはどうしたものか? 両サイドバックともルーキーだが、個の能力はあるはずなのに、ポジション取りが遅すぎる。2点目は伊野波の寄せが遅れなければ防げていたと思う。
 全くチームになっていない状態だが、平山への放り込みはそれなりに成功し、彼も健闘していて、申し訳ないぐらいであった。何だか日頃の実力を発揮できているのは、彼と藤山ぐらいで、今野までがボールを奪取できなくなっているのが不安だ。6連敗中の5試合は現場で見たが、今回が最悪だといえるだろう。
 3点目には新潟にツキがあったとも思うが、その前に追いつけなかったことが全て。4点目で、やっぱり中澤聡太では苦しいかと認識。PK以外のセットプレーからの失点がなかったことは、進歩といえるのだろうかねえ…
 今大事なのは「チームを作る」ことだが、正直いってルーカスや茂庭に頼るしかないようだ。彼ら以外にもジャーン(ベンチ)・金沢・ノリオ・石川・梶山(ベンチ)・ワシントン・リチェーリまで欠いていたので、「1.5軍」のような編成だったが、その中で代りに出場した選手たちは結果を出せたとはいえない。まあ、来年はともかく怪我をしないような体作りを、徹底的にやってもらいたい。栄養士でも入れて、好き嫌いをなくし、食生活から改めるようなことも要るのかもしれない。
 試合後は、編集部のメンバー他で、池ノ上の光春へ。花ニラ、龍のヒゲ、レバー、上海ガニ、豚の角煮まで全て旨かった。狭いけれどここは最高。また行きたい。我々が選手と違うのは、試合後に暴飲暴食できることぐらいかな。

|

« まだ読みかけのマイブームたち | Main | 洗濯機の修理に失敗 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/12105384

Listed below are links to weblogs that reference 東京 1-4 新潟 国産・惨敗、これが「底」だと祈るのみ(9月30日)、救いは台湾料理:

» 光春 [美食放浪記]
京王 井の頭線「池ノ上」駅より 徒歩1分の線路沿い路地にある台湾料理専門店です。 カウンター6席、座敷席×3の小さく、 そして、お世辞にも綺麗とは言い難い店ですが、 供される料理は、ど...... [Read More]

Tracked on October 01, 2006 at 10:58 AM

« まだ読みかけのマイブームたち | Main | 洗濯機の修理に失敗 »