« ワールドカップ雑感その25 | Main | 東すか »

September 24, 2006

鹿島 3-2 東京 昨年から進歩なく

 結局行かないでテレビで見てしまったが、残念な結果に。
 昨年のサッカーに戻したけれど、結局昨年以上の上積みはない。最初の失点の場面ではボールに行き過ぎ、フェルナンドへの寄せが遅れたと思う。あとはセットプレーから2失点。セットプレーは攻撃もダメなので、毎日練習をしてもらいたいと思うだけ。あとは世の中には「セットプレー専任コーチ」とか、いないんでしょうか?
 昨年と同じなのは、攻撃を仕掛けても周囲と噛み合わないでチャンスにならず、逆にボールを失うきっかけになる石川。クロスのふりしたシュートが要りそうだ。ついでにいえば、やっぱり徳永は、常にベストのポジションを取るという意識が出てこないと、代表は遠いと思う。まあ、茂庭か増嶋(ちょっと不安だが)がCBに復帰したら、藤山を左サイド、伊野波を浅利のところへ持って行けば、守備はよくなるだろう。でも、攻撃はどうすんだろう。左サイトも川口では全く心もとないが、大いに期待はしているんだけど戸田と言い切る確信もなく、トップも赤嶺を平山にすれば解決するとも到底思えないし、第一、今からメンバー入替えばかりやっていると、ロクなことはなさそうだ。ううむ、まずいぞ、結構。結局、まずは勝ち点1でもいいから、守備の要の茂庭待ちということなんだろうか? 荒療治としては、今野あたりにキャプテンマークを巻かせて、もっと指示を出させるという手もあるかもしれない。もっと荒い手はGK塩田だが、ここまで来ると賭けになる。
 鹿島はそれなりにパスサッカーをしており、ああいう上積みが今年欲しかったのだと、見習うべき点もあったといわざるを得ない。
 まあ、これから大変だ。

|

« ワールドカップ雑感その25 | Main | 東すか »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/12025000

Listed below are links to weblogs that reference 鹿島 3-2 東京 昨年から進歩なく:

« ワールドカップ雑感その25 | Main | 東すか »