« 東京 1-3 甲府 ただただ情けなし(9月9日) | Main | 駒沢、追記 »

September 10, 2006

東京 3-0 草津 炎天下の数的不利に耐える

 スタメン発表で小澤とリチェーリがDFであることを知る。中澤と池上がCBで、彼らはサイドバックなのだろう。そしてサブは遠藤と川口の2人のみ。驚きの声が上がる。昨日前半で交代した戸田や文丈、もっと走れそうだった徳永や梶山も「罰走」用に連れてくればよかったのにと思う。昨日後半から出場した栗澤は後半途中まで、後半途中から登場した阿部は90分出場したのだから。
 試合は炎天下の中、赤嶺がオフサイドにかかりまくりながら進む。そして宮沢のコーナーキックをワシントンがヘッドで捉えて得点。次のメンバー入りをアピールしたと思ったのだが、その後、立て続けにイエローをもらって退場。これでたぶん次の京都線は出場停止だろう。サポーターは拍手で見送ったのだが、彼は頭から火が出そうなもの凄い形相でピッチを後にする。1枚目は倒されたときにボールを掴んだのがハンドと判定されたもので、直後のはよく分からなかった。前半28分から10人、オフィシャルによれば気温33.8度という中、相手を考えるといいハンディかもしれないが、たまったものではないだろう。苦しい中、なんとか耐えて前半を終了。10人で炎天下だから、慣れない両サイドバックは守備を重視して、特にリチェーリは攻撃参加を控えたようだ。
 後半開始直後、相手ディフェンスの裏に抜け出した阿部が決めて2-0。これで選手は落ち着いたようだ。時間をうまく使いながら、カウンターでは阿部をうまく使いながら試合をすすめる。そして、昨日も45分出場した栗澤を川口に交代した後で小澤が負傷し、バツが出る。このままだと9人である。ここで起用されたのが遠藤大志。浅利を右サイドバックに下げ、彼はフォワードに入る。スタンドは大歓声で、この日初めての太鼓が鳴らされる。直後、阿部からのパスを遠藤がリターン、阿部のシュートがこぼれたところを川口が決める。この日最高の盛り上がり。
 相手の攻撃も、シュートがポストに当たったり、塩田のセーブがあったりしながらも、炎天下の長時間の数的不利に耐え、何とか無失点で切り抜けた。
 観衆は2,411人だそうで、結構な数。楽しい昼下がりだった。帰りのバスの中で平山獲得を知る。

|

« 東京 1-3 甲府 ただただ情けなし(9月9日) | Main | 駒沢、追記 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/11844492

Listed below are links to weblogs that reference 東京 3-0 草津 炎天下の数的不利に耐える:

« 東京 1-3 甲府 ただただ情けなし(9月9日) | Main | 駒沢、追記 »