« 取材拒否 | Main | サウジアラビア 1-0 日本代表 »

September 03, 2006

ワールドカップ雑観その23

 フランス 0-0 スイス
 この試合を早い段階で見ていれば、スイスがある程度やれるチームであることが分かっていたはずだ。それぞれのポジションに大きい、早い、テクニックがあるなど、それなりの特徴を持った選手が配置されていた。日本には大きな選手は少ないけれど、適所適材という点で大いに見習うべきチームであり、その選手たちが連動して動いているという点で、大いに見習うべきチーム作りだったと思う。
 フランスは、いわゆる右ウイングのポジションが決まらず、ウィルトールを入れたがイマイチだった。シセが離脱し、トレゼゲあたりを入れるということも考えたのだろうけれど、決め手がなかったような感じがする。この試合の交代出場も両ウイングで、サーア、ドラソーともそれなりにチャンスは作ったと思うけれど、それなり以上のものはなかったのかも。なお、ジダンのイエローはフリーキックを早く蹴りすぎただけで、決勝のあの行為に関連するようなものではなかった。
 まだまだディスクにたくさん残っているけれど、全部見るぞ!

|

« 取材拒否 | Main | サウジアラビア 1-0 日本代表 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/11739995

Listed below are links to weblogs that reference ワールドカップ雑観その23:

« 取材拒否 | Main | サウジアラビア 1-0 日本代表 »