« 大阪へ かつて過ごした街への勝手な想い | Main | 東京 3-0 草津 炎天下の数的不利に耐える »

September 10, 2006

東京 1-3 甲府 ただただ情けなし(9月9日)

 後から書くが、本日のサテライトでかなり「うさ晴らし」ができたものの、この試合はかなりストレスがつのる試合だった。試合後のゴール裏のブーイングも当然。無視という方法もあったのかもしれない。カンフル剤は完全に切れてしまったのだろう。おまけに選手だけでなくビール売りまでサボってやがる(ほとんど来ない)。ったく。
 先発文丈というのは、前節で浅利にミスがあったためだと思うが、まずはこれが失敗だったと思う。「行くのか遅らせるのか」といった判断がバラバラになり、前がかかりにきた甲府に完全に支配され、チームにエンジンがかからなかった。今野がいないとあのポジションは伊野波・浅利なのだろうけれど、中澤のCBに不安があるためか、藤山をCBに入れたため、左サイドに伊野波が入ったので、ここに文丈を入れることにしたのだろう。梶山とのコンビネーションも含めて最悪だった。いっぽう、戸田はチャンスは作ったが、ここぞというところでボールを奪われるシーンもあった。そして嫌だなあと思っていたセットプレーからなんだか訳が分からないうちに失点し、藤山はPKを取られ、更にカウンターを受けてバレーに詰め切れずに失点。このまま0-3で前半を終わる。
 後半、文丈と戸田を交代し、いきなりルーカスが取って盛り上がったが、その後は決定機を決めきれず、セットプレーに得点の予感がせずにこのまま1-3で敗戦。交代も川口じゃないと思ったし、阿部はよかったけれど馬場が悪かったとも思わないし、宮沢でセットプレーを変えてもらいたかった。
 いま必要なのはチーム内の競争ではないかと思う。徳永や梶山は今一度外から試合を見るべきだと思うのである。といいつつDF陣はコマ不足。今野と茂庭の復帰を待つしかないのだろうか?
 競争といえば、このスタジアム内の食事関係の業者にも競争が必要だ。よく冷えたチキンや、ぬるいビールの前で列を作らされたときには、我々にも赤い紙を出せるようなスタジアムの環境に保つべきであろう。

|

« 大阪へ かつて過ごした街への勝手な想い | Main | 東京 3-0 草津 炎天下の数的不利に耐える »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/11841190

Listed below are links to weblogs that reference 東京 1-3 甲府 ただただ情けなし(9月9日):

« 大阪へ かつて過ごした街への勝手な想い | Main | 東京 3-0 草津 炎天下の数的不利に耐える »