« 浦和 4-0 東京 目指すものが違った(8月12日) | Main | ワールドカップ雑感その22 »

August 15, 2006

ガーロほか解任

 来てしまいましたか…
 決まってしまえば一抹の寂しさを覚えるが、結果としては仕方がないだろう。ただ、今後外国人監督を迎えるにあたり、「トラウマ」とならないように、原因をよく検証すべきだと思う。
 椿原正浩社長は「監督の考え方が浸透しなかった」と説明した。
とあるが、これが事実であるとすれば、コミュニケーションの問題ということになる。ガーロ自身のコミュニケーション能力以外に、通訳やチーム体質の問題もあったのかもしれない。ヘッドコーチとフィジカルコーチという最小限のユニットも解任ということだが、今後外国人監督を迎えたくなるときだっていつかは必ず来る。そのときには、どういう体制がいいのだろうね?
 まず通訳を代えないとダメでしょう。それは冗談だが
という発言も残っているのである。どこまで冗談だったのだろうか?
FC東京の関係者やサポーターの皆さんにも温かくしていただき、本当にありがとうございました。
 というのはいかにも広報が準備したものらしいと思うが、ちょっと胸が痛くなるのである。
 さて、チームとしては、やり直さなければならないことがたくさんあり、それも大変だが、後から見れば、この半年で得られたものだってあるはずだ。まあ、今日はこんなところで勘弁してくれ。

|

« 浦和 4-0 東京 目指すものが違った(8月12日) | Main | ワールドカップ雑感その22 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/11452148

Listed below are links to weblogs that reference ガーロほか解任:

« 浦和 4-0 東京 目指すものが違った(8月12日) | Main | ワールドカップ雑感その22 »