« ワールドカップ雑感その20 | Main | セレッソ 1-5 東京 (7月26日・テレビ) »

July 24, 2006

東京 2-4 鹿島 もう一つの勝ち方(7月22日)

 松本は遠かったけれど、久しぶりにいろんな人と会えたので楽しくもあった。
 さて、肝心の試合内容だが、せっかくルーカスの見事なミドルで先制したのに、相手の中盤でのフリーキックへの対応が送れ、今野が2対1になっているなと思ったら、フリーの右サイドからクロスを上げられ、ロスタイムに失点した。
 後半は中途半端にディフェンスラインでパスをまわしていてプレスをかけられ、ジャーンのクリアを拾われて内田のこれも見事なミドルで逆転され、またルーカスのミドルで追いついたのに、コーナーキックから失点し、追いつこうと前がかりになったところ、徳永のスローインをむざむざと奪われて失点。
 馬場のワントップ、2列目にルーカスと梶山という布陣は悪くなかったと思うが、守備がかなりマンマークを意識した形で、小笠原が上がるとルーカスが下がる場面が気になった。いっぽう、攻め込んだ後だとマークがずれ気味になるような感じもした。
 ノリオが負傷して文丈、梶山に代えてリチェーリを入れてルーカスとツートップで馬場を2列目、更に文丈を川口に代えてワンボランチにして攻勢をかけたようだが、いずれも交替選手が不調だった。福岡戦よりましだという声が多かったが…
 ミスから失点、勝負所で失点という点を考えると、このチームは弱者が強者に粘り強く戦うスタイルで勝つ勝ち方は知っていても(過去形かもしれない)、強者が弱者をあしらうような勝ち方はまだ知らないのだろう。
 鹿島については、何でもかんでもすぐに倒れて痛がっている本山というのは、相変わらず見るに堪えない(彼だけは日本の代表に選んで欲しくなかった)が、柳沢も、例の件以降、日本では当面ブーイングの嵐は避けられないんだろうね。FWは辛いよ?

|

« ワールドカップ雑感その20 | Main | セレッソ 1-5 東京 (7月26日・テレビ) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/11086158

Listed below are links to weblogs that reference 東京 2-4 鹿島 もう一つの勝ち方(7月22日):

« ワールドカップ雑感その20 | Main | セレッソ 1-5 東京 (7月26日・テレビ) »