« セレッソ 1-5 東京 (7月26日・テレビ) | Main | ソウル 3-0 東京 勝っておきたかった試合(8月5日) »

July 30, 2006

東京 0-2 広島 これからどうする? (7月29日)

 うちの近く(幡ヶ谷西原商店街)にもこんな旗が掲げられ、おめでたくなってきたんだけれど、久々の都内、味の素スタジアムの試合なのに、結果以上に内容が最悪だった 。200607291430000_1

         

 

 前節との違いは、ルーカスと伊野波が出場停止。スタメンの変更は川口と栗澤、サブにはリチェーリと小澤が加わった。前半、噛み合わなかったということで、栗澤をFWリチェーリに代えてトップの馬場を二列目に下げたのは、トップがリチェーリであるということ以外は納得が行かないでもないが(赤嶺ではだめなのかなあ?)、鹿島戦とテレビで見る限りではちょっと辛い文丈と、鹿島戦で絶不調だった川口を、それぞれ前節交代出場した阿部と戸田に代えざるを得ず、これも前節出場した宮沢を出す枠がなくなってしまったの残念だった。梶山は何とか90分もったけれど、彼を代えることもプランとすべきだったのだと思う。
 右の石川は、対面が服部だったのでそんなに簡単ではないと思っていたし、馬場、今野、梶山だってそれなりに奮闘しているのだが、点の匂いはしなかった。いっぽう左で出た川口は絶不調が続いているようだ。やはりルーカスの存在は大きいのだろうか? 3バックだと、CB陣も相手からボールを奪ってそのまま自分で上がって行ける、行くべきときがあるが、まだまだぎこちない。
 とまあ、ぐちはこのぐらいにして、根本的には、チーム全体として短期・中期的な目標がなんだか分からなくなってきてしまっているので、戦術はもちろん、個々の選手のプレーの選択肢にも影響を及ぼしているのではないかと思う。だから迷いが生ずるのではないかと。監督にも問題があるだろうし、選手も能力的にはそこそこ上位なのにトータルとして「子供」なのかもしれないけれど、手綱のところをしっかりしなければ、「糸の切れた凧」となるのは自明なのだろう。営業まわりの視点から、チーム経営としてどう考えるかというところなのだと思う。ひょっとするとここらで「10年ビジョン」を作って今期のことまで考えないといけないのかもしれない。
 ところで、リーグ戦、次は2週後の浦和戦。今度は徳永が出場停止。増嶋か中澤を入れるのかもしれないけれど、辛い試合になるだろうし、もっと危惧するのは勝ち負け以上に「膿を出し切れない」状態が続くことである。
 そんな状況下、なぜかソウルに行くことにしてしまったよ。さて、どの面下げて(どんなことを期待して)行ったらいいのだろう?

|

« セレッソ 1-5 東京 (7月26日・テレビ) | Main | ソウル 3-0 東京 勝っておきたかった試合(8月5日) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/11152040

Listed below are links to weblogs that reference 東京 0-2 広島 これからどうする? (7月29日):

« セレッソ 1-5 東京 (7月26日・テレビ) | Main | ソウル 3-0 東京 勝っておきたかった試合(8月5日) »