« ワールドカップ雑感その4 | Main | ワールドカップ雑感その6 »

June 18, 2006

ワールドカップ雑感その5

 チェコ 3-0 米国
 米国も結構いいサッカーしていて、レイナのミドルなど決定機もあったが、ゴールライン近いところからのクロスに電柱コレル(2M超)のヘッド、ロシツキーの目の覚めるようなミドルシュートに前半で2-0とされてしまった。
 後半は両チームとも決定機があり、一進一退だったが、スルーパスで中央を抜け出したロシツキーがこの試合2点目を決めて、試合を決めた。
 米国は退場者を二人出した二試合目を先に見たけれど、後ろからのタックルが多いということは否定できないと思った。いい攻撃、惜しいシュートもたくさんあったけれど…
 チェコも次のガーナ戦を見ていないが、この試合のコレル負傷交代が痛かったのかも。第三戦はイタリアに勝てばOKだが、引分け以下だったら米国・ガーナ次第ということになる。

 さて、次は日本。何はともあれクロアチア戦だ。余計なことは考えずにまずは1点取って、あとはカウンターを狙えばいい。クロアチアには8年前は終了間際に1点取られて負けたが、今回は向こうも初戦で負けており、焦りもあるはずである。

|

« ワールドカップ雑感その4 | Main | ワールドカップ雑感その6 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/10578624

Listed below are links to weblogs that reference ワールドカップ雑感その5:

« ワールドカップ雑感その4 | Main | ワールドカップ雑感その6 »