« ワールドカップ雑感その9 | Main | ワールドカップ雑感その11 »

June 24, 2006

ワールドカップ雑感その10

 可愛い子には旅をさせよ!
 日本の選手は、試合中は「実質的な監督」がいない中、試合の流れに合わせた判断としては、日本を代表する選手として相応しいレベルだったと思う。これは皮肉ではない。選手だけでやるのには限界もあったし、そのためにわざわざ宮本を起用して「心中」せざるを得なかったのが、残念ではあったけれど、現状はこれ以上を望んでもいけないと思う。
 やはり若い時期の海外の体験というものが、選手を大きく育てるのだということは、中田も体で語っていたし、こっちも痛感せざるを得なかった。もちろんワールドユースやオリンピック出場歴も含まれるのだが…
 それでもJが代表を育てる最大の場でもあるのだが、そのいっぽうで日本と海外との間で選手の流通も盛んになる必要もあるのだろう。そして、しばらく辛そうなのだが、観客増による資金によって、優秀な外国人を取ることが、「国内における海外体験」で選手を育てることにも繋がるのである。ここで、「海外出稼ぎ」だけで、自国リーグが活性化していない国との差が出てくるはずだ。問題は、この好循環をどうやって生み出すかであり、これが難しそうだ。
 だから、これからのJのクラブは、多少の選手が海外に引き抜かれても、チーム力を落とさないようなチーム作りをする必要があるのである。才能を持った若手がどんどん出てくることも必要だ。
 さて、ジーコには、玉田や加地を「発掘」するなど、能力ある選手を見いだす眼はあったのだろうけれど、いかんせん監督としてのキャリアがなく、しかも強者ブラジルの「横綱相撲」の戦い方しかできなかった。ブラジル戦や、オーストラリア戦の終盤など、「弱者の戦い」をせざるを得ないときには、あまりに無策だったといわざるを得ない。また、「高さ対策」として松田、どうしても「ファミリー」からというのであれば、川崎の箕輪あたりでも呼ぶべきだったと思う。パワープレーすらできなかったのであった。
 仮に次の監督がオシムであるとしたら、それはそれでいいかもしれない。走れない選手は呼ばないだろうし、おそらく日本の長所は、走ることに求めざるを得ないだろうから。ただ、3バックはイヤだなあ…
 人材としてはCFとCBが不足していることが分かってきた。だから守備については3バックのチームが多いのだと思う。それでも有望なCBは中澤と茂庭などがいるが、問題は、その気になればワントップでもできるような強力なCFだ。FWが弱いからといって、DFと違って常に3トップにする訳にもいかないし、この点は課題となりそうだ。
 さて、東京は土肥と茂庭が貴重な財産を持ち帰ってくる。今野・徳永はもちろん、馬場・梶山あたりが、これをどう吸収して伸びて行くのかがカギであり、東京が強くなれば、日本代表は必然的に強くなるとも確信している。そろそろ「別のスイッチ」を入れるかな!

|

« ワールドカップ雑感その9 | Main | ワールドカップ雑感その11 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74016/10656682

Listed below are links to weblogs that reference ワールドカップ雑感その10:

« ワールドカップ雑感その9 | Main | ワールドカップ雑感その11 »